タイのお寺に魅せられて  ~タイ百寺巡礼ログ+アジアのお寺~

タイのお寺が好きな@yayoiです。アジア駐在歴通算16年目。タイで大きく人生が変わりました。タイを起点にアジアのお寺や仏像を研究中!

6番 プーケット島の青い空と色白のブッダが美しいお寺

f:id:at_yayoi:20190119103739j:plain

ワット・ナイヤーン プーケット島

 

 

サワディーカー。

@yayoiです。

 

 

 

10年ぶりくらいに訪れるプーケット島。

今回のホテルは空港からタクシーで10分くらいときいて

久しぶりのプーケットにわくわくしていたら車窓から

私の目に入って来たのはやっぱりお寺。

 

基本的にビーチリゾートに行くときには

ただリゾートでの滞在を楽しむだけなのですが、

ホテルの近くにお寺があるならと是非に

と訪れたお寺がこちらでした。

 

 

プーケットを訪れた人の目に必ず入るお寺!

   

このお寺は、ワット・モンコンワララーム

(วัดมงตลวราราม)と

言いますが、地元では、もともとの名前の

ワット・ナイヤーンとして今でも親しまれています。

プーケットの空港から約5kmの

ところに位置しています。

 

この周辺はもともと森のような所で、いろいろな動物

たちがいたところに村人たちが心を一つにして

僧を中心に、共に建てたお寺

だと言われています。

本堂がもたらされたのは1912年で、1947年には

ブッダの教えを教える教育が始まり、さらに建築が

進められ1979年には子供向けのセンターなども

設立されたようです。

この様にしてみると100年の歴史がある様ですが、

実際にお寺の敷地内に入ってみるとまだまだ建築中の

ところが多くて、修復中なのか建築中なのか、

どこが最初に作られたお堂なのか、

わかりませんでした。

 

空港から街中を通る通りからみた三門です。

f:id:at_yayoi:20190119103721j:plain

 

三門から中に入り、三門を背にまっすぐ進むと

T字路になっていて正面にはお堂が見えてきます。

f:id:at_yayoi:20190119103749j:plain

 

色合いのきれいなお堂です。

正面から撮りました。f:id:at_yayoi:20190119103810j:plain

 

お堂の屋根飾りのアップです。

f:id:at_yayoi:20190119103811j:plain

 

このT字路を左に曲がると、

左手側に本堂とお堂、

右手側に仏塔が見えてきます。

 

 

お堂は骨組み状態。ただ今、建設中!

 

お堂と仏塔ですがどちらも建設中です。

さて、私が訪れた日はアサラハーブーチャデイ

(วันอาฬหบูชา)。

これはブッダが成道直後に初めて説法を行ったことに

ちなむ初転法輪祭の祭日。

建設中のお堂には、たくさんの人が集まり、

お坊さんの読経とお説教を待っていました。

 

本堂とは、陰暦の仏教に関係のある日に仏事を

おこなう場所のこととあるので、皆さんが集まっている

こちらが本堂だと思ったのですが、

結界のあるこちらの建物が御本堂かと

思われます。

f:id:at_yayoi:20190119103805j:plain

  

ここまで骨組みのお堂も初めてみました。

まだ体育館のような状態です。

f:id:at_yayoi:20190119103753j:plain

 

神聖なお堂に上がるのに靴は脱ぎ散らかされています。

こんな靴の脱ぎ方で帰りは間違えないのでしょうか…?

f:id:at_yayoi:20190119103754j:plain

 

仏塔もまだ建築中です。

f:id:at_yayoi:20190119103752j:plain

 

仏塔に安置される予定の寝釈迦仏のようです。

まだ布がかぶせられています。

f:id:at_yayoi:20190119103755j:plain

 

出来上がり完成予想図でしょうか。

f:id:at_yayoi:20190119103759j:plain

 

この横に参拝するところがあったので手を合わせて

きました。

f:id:at_yayoi:20190119103802j:plain

 

敷地内には他にも数か所のお堂がありますが閉まって

います。

f:id:at_yayoi:20190119103806j:plain

 

青い空に屋根飾りがが映えます。

f:id:at_yayoi:20190119103805j:plain

  

 

プーケットの青い空に映える真っ白なブッダ!

  

三門を入って、T字路を左に行くと、本堂、仏塔があって

人が集まっていましたが、T字路を右側に行くと人は

いなくなり、上の方を見あげると、こんな後ろ姿が

見えました。 

 

f:id:at_yayoi:20190119103812j:plain

 

ズームにして撮影しました。

f:id:at_yayoi:20190119103813j:plain

 

ワクワクしながら、早速、前に回ってみることにします。

この庭のような所を入って行きます。

f:id:at_yayoi:20190119103740j:plain

 

かわいい色合いの壁を右手に見ながら進みます。

f:id:at_yayoi:20190119103727j:plain

 

左手に小さなお堂が出てきます。

f:id:at_yayoi:20190119103728j:plain

 

お堂に祀られているブッダに近づいて撮りました。

f:id:at_yayoi:20190119103729j:plain

 

お堂を別の角度から撮ると、先ほど後ろ姿が見えた

白いブッダがちらっと見えます。

f:id:at_yayoi:20190119103730j:plain

 

白いブッダの安置されているお堂全体です。

f:id:at_yayoi:20190119103735j:plain

 

この距離からもブッダの目がしっかり見えます。

f:id:at_yayoi:20190119103732j:plain

 

ズームにして撮った写真です。

一緒にガネーシャが写りました。

f:id:at_yayoi:20190119103737j:plain

 

お顔のアップです。

f:id:at_yayoi:20190119103733j:plain

 

別角度から撮りました。

f:id:at_yayoi:20190119103738j:plain

 

きれいなお顔立ちのブッダです。

遠目に海が見えていらっしゃるのでしょうか...?

 

ブッダのいらっしゃるお堂をあとにして振り返ると

この位置からは木があってブッダがちょうど隠れて

しまいました。

f:id:at_yayoi:20190119103742j:plain

 

そこで、今回の参拝は終了して、次の機会にまた訪れて、

本堂と仏塔の建築の進行状況を拝見したいと思います。

 

T字路を右手に進むと駐車場と出入り口があります。

f:id:at_yayoi:20190119103818j:plain

 

 

<ワット・ナイヤーン วัดในยาง >

  

f:id:at_yayoi:20190119103817j:plain

 

正式名称  วัดมงตลวราราม wat Mongkol wararam

所在地   48 ถนน เทพกระษัตรี-ในยาง ตำบล สาคู อำเภอ

       ถลาง ภูเก็ต 83110

      48 Thep Krasat Tri-Nai Yang Rd,

                     Tambon Sa Khu,

      Amphoe Thalang, Chang Wat

                     Phuket 83110        

アクセス  車 プーケット空港から約5分