タイのお寺に魅せられて~アジア百寺巡礼ログ~

タイのお寺が好きな@yayoiです。アジア駐在歴通算16年目。タイで大きく人生が変わりました。タイを起点にアジアのお寺や仏像を研究中!

14番 駅近の、ご近所感覚で入っていける親しみのあるお寺

f:id:at_yayoi:20190319232242j:plain

ワット・タートゥトーン タイ

 

サワディーカー。

@yayoiです。

 

 

プロフィール記事に書いたように、私は現在バンコク在住で

これが2回目のタイ駐在。1回目と2回目は住むアパートは違う

けれど、電車での移動には同じ駅を使っています。

エカマイという駅。

 

今では、その隣駅も実は近いのですが、私がこの駅を使うように

しているのは、駅の前にお寺があるから。

駅のホームからも、改札を出てからもよく見える

ご近所感覚のお寺。それがワット・タートゥトーン

です。

 

駅のホームから撮影しました。

f:id:at_yayoi:20190319232243j:plain

 

お寺を正面に、向って右側に学校や病院が見えます。

f:id:at_yayoi:20190319232244j:plain

 

 

 

 

2つのお寺が合併して移動してきたお寺!

 

 

 

ワット・タートゥトーンの歴史を探ってみると、

このお寺はもともとこの場所、つまりスクンビット

通り沿いに建てられていたわけではありません

でした。

過去にあった2つのお寺が同時に移転してきて、

このお寺になっていたことがわかりました。

 

1つはワット・ナープラタートといって、アユタヤ

時代ちょっと前くらいに建てられた古いお寺で、

仏舎利のある大きな仏塔があるお寺だったそうです。

 

そしてもう1つはワット・トーンランといって、

トーンという方が造ったお寺。トーン氏が受け継いだ

祖父母の果樹園の中心に菩提樹があり、トーン氏は

菩提樹とはお寺にある木であり家にあるのはふさわ

しくない、また、家族にとっても危ないからと

切り倒して捨てるわけにもいかないと考え、小さな

お寺を建てて、ふさわしい場所に寄付しました。

トーン氏はそこでガトー(金の魚の意味)という

名前の住職とともに寺を管理し、ワット・ポース

ワンナラームと命名しましたが、住民からはお寺は

ワット―ポートーンと呼ばれていました。

そしてその後、子息の代になってお寺はワット・

トーンランと呼ばれるようになったようです。

 

この2つのお寺があったのは、チャオプラヤー川の

岸辺。

1937年にその地に港が建設されることになり、

1938年に新しい土地に2つのお寺を移転して建て、

お寺の名前を“ワット・タートゥトーン”としたそう

です。

 

移転してきたここはスクンビット通り沿い。

前にはたくさんの車が行き来します。

f:id:at_yayoi:20190319232246j:plain

 

数年前には、駅に隣接したモール、エカマイゲートウェイ(茶色い建物)もできました。

f:id:at_yayoi:20190319232245j:plain

 

 

駅からのアプローチ、まずは礼拝堂から!

 

 

 

私がタイで初めて訪れたお寺は、旅行した時に行った

ワット・ポー。そして私がバンコクに引越して来て、

初めに目にしたお寺がこのお寺ワット・タートゥ

トーンです。

その頃は、地元の人が祈る姿をいつも目にして

いるだけでした。

自分もそれに混ざり、または通るたびに手を合わせる

ようになるとは予想もしませんでした。

 

駅を降りるとまず見えるのがこちら。

f:id:at_yayoi:20190319232247j:plain

 

適当に靴を脱いでこの入口から入ります。

f:id:at_yayoi:20190319232248j:plain

 

中は礼拝堂になっています。

f:id:at_yayoi:20190319232251j:plain

 

ブッダは階段を上がった高いところにいらっしゃい

ます。

f:id:at_yayoi:20190319232249j:plain

 

階段の下から撮りました。

f:id:at_yayoi:20190319232250j:plain

 

ブッダの後ろにはお坊さんが座っていらして、

お願いするとお経をあげてくださいます。

 

また、一旦外に出るとこの部屋の左手隣には、

外側に船と仏像が、中側にたくさんの仏像が

それぞれ祀られている部屋があります。

 

こちらの方は布袋様でしょうか…こちらの左横が

もう1つの部屋の中側に入る入り口です。

f:id:at_yayoi:20190319232252j:plain

 

ブッダを中心にたくさんの仏像が祀られています。

f:id:at_yayoi:20190319232254j:plain

f:id:at_yayoi:20190319232253j:plain

 

ブッダを正面から撮りました。端正なお顔立ちです。

f:id:at_yayoi:20190319232255j:plain

 

駅の方からみたもう1つの部屋の外側部分です。

船と仏像が祀られています。

なぜ船が祀られているのかずっと疑問だったの

ですが、歴史を知ってから、以前お寺はチャオプラ

ヤー川の岸辺にあったからだと思うようになり

ました。

f:id:at_yayoi:20190319232256j:plain

 

船の後ろの方にはガネーシャもいます。

f:id:at_yayoi:20190319232258j:plain

 

玄天上帝という中国の神様。

f:id:at_yayoi:20190319232259j:plain

 

船の横から一旦外にでます。

f:id:at_yayoi:20190319232257j:plain

 

出ると、お寺の入り口となっていて、三門が

あります。

右手側には広い駐車場があります。

先ほどのお堂の真後ろが駐車場となっているのです。

f:id:at_yayoi:20190319232300j:plain

 

奥の方に本堂が見えます。

f:id:at_yayoi:20190319232301j:plain

 

本堂に向って進んでいきます。 

f:id:at_yayoi:20190319232241j:plain

 

 

奥まったところにある御本堂はとても静寂な場所!

 

 

 

ここが御本堂の入り口です。

f:id:at_yayoi:20190319232302j:plain

 

正面からみた御本堂です。

f:id:at_yayoi:20190319232303j:plain

 

靴を脱いでいよいよ御本堂にあがります。

f:id:at_yayoi:20190319232304j:plain

 

御本堂の後ろから撮った御本堂の様子です。

f:id:at_yayoi:20190319232309j:plain

 

右側に祀られているのが仏舎利です。

f:id:at_yayoi:20190319232306j:plain

 

仏舎利塔に近づいて撮影しました。

f:id:at_yayoi:20190319232307j:plain

 

この仏舎利に唱えるお経が書いてあります。

f:id:at_yayoi:20190319232308j:plain

 

そしてご本尊です。2018年の12月に撮影したものです。

f:id:at_yayoi:20190319232310j:plain

 

こちらはご本尊を2011年に撮影したもの。

f:id:at_yayoi:20190319232313j:plain

 

こちらは同じくご本尊を2016年に撮影したもの。

f:id:at_yayoi:20190320181311j:plain

 

足を組んで右手は地に向け、左手は膝に置いた形の

ブッダ。

組んだ足の幅は140㎝。斜めの角度で撮影しました。

f:id:at_yayoi:20190319232311j:plain

 

御本堂の様子。2018年の12月に撮影。

f:id:at_yayoi:20190319232314j:plain

 

こちらは御本堂を2011年に撮影したもの。

f:id:at_yayoi:20190319232312j:plain

 

こちらは同じくご本堂を2016年に撮影したもの。

f:id:at_yayoi:20190320182135j:plain

 

御本堂の窓から外を撮影しました。

敷地内には他にお葬式をする場所などがあります。

f:id:at_yayoi:20190319232315j:plain

 

 

先ほど見えた駐車場にも大きなブッダの立像が祀られています。

f:id:at_yayoi:20190319232316j:plain

 

ブッダの上に真っ白な雲。

f:id:at_yayoi:20190319232318j:plain

 

駐車場の横は学校になっています。

ローンリアン・ワット・タートゥトーン。

ローンリアン(โรงเรียน)とは学校の意味。

タイはお寺と学校が併しているところが多いのです。

学校の後ろの白い高いビルはスクンビット病院。

f:id:at_yayoi:20190319232317j:plain

 

学校の方からスクンビット通りにでるところにも

三門があります。右手側に学校が見えています。

f:id:at_yayoi:20190319232319j:plain

 

改札をでたところから撮影した昼間の様子。

f:id:at_yayoi:20190319232321j:plain

 

改札をでたところから撮影した夜の様子。

f:id:at_yayoi:20190319232320j:plain

 

外の様子はどんどん変わっていくけれど、お寺は

ずっと変わらない...

日曜日には一般人に向け、瞑想教育があるようです。

 

 

<ワット・タートゥトーン วัดธาตุทอน>

 

 

 

f:id:at_yayoi:20190319232322j:plain

 

正式名称 วัดธาตุทอง พระอารามหลวง

     ワット・タートゥトーン プラアーラーム

     ルアン

     タイ王室寺院第三級に格付けされて

     います。

所在地 1325 ถนนสุขุมวิท แขวง พระโขนงเหนือ เขต วัฒนา

    กรุงเทพมหานคร 10110

    1325 Sukhumvit Rd, Khwaeng Phra Khanong

     Nuea, Khet Watthana, Krung Thep

     Maha Nakhon 10110        

電話  02 391 9616

ウェブサイト https://www.facebook.com/watthatthong/

 

今回は

Wikipedia วัดธาตุทอง (タイ語)

Watthai วัดธาตุทอง เอกมัย (タイ語)

https://sites.google.com/site/allthaitemple/wad-thatuthxng-xekmay 

以上を参考にまとめて書きました。

お読みいただき、ありがとうございました!

 

 

f:id:at_yayoi:20190320125331j:plain

 ~ちょっと前のタイ~

  スクンビット通り

       にて。

  親子象の形の植木。

  2014年11月撮影   

@yayoi