タイのお寺に魅せられて~アジア百寺巡礼ログ~

タイのお寺が好きな@yayoiです。アジア駐在歴通算16年目。タイで大きく人生が変わりました。タイを起点にアジアのお寺や仏像を研究中!

23番 52人の比丘尼に囲まれるブッダがいらっしゃるお寺

f:id:at_yayoi:20190721152315j:plain

 ワット・テープティダラーム タイ

サワディーカ。

@yayoiです。

 

前回の記事では

御本尊が28躰いらっしゃるお寺について

書きましたが、今回は御本尊ではありませんが

52人の比丘尼(ビクニ)に囲まれている

ブッダがいらっしゃるお寺です。

 

前回の記事はこちらです。

www.yayoi-thainootera.net

 

どちらのお寺もお堂の中がにぎやかですね。

上が今回の23番のお寺、

ワット・テープティダーラーム

下が22番のお寺、

ワット・アプソンサワンです。

f:id:at_yayoi:20190721151753j:plain

 

実は、このお寺はローハプラーサート

(ワット・ラチャナダラム)

を訪れる途中で、たまたま前を通りかかり

シンプルな白いお堂に目がひかれ、

引き寄せられるように

入って行ってしまったお寺です。

ちなみにローハプラーサートとは

こんなところです。

f:id:at_yayoi:20190721152503j:plain

 

今回はこちらのワット・テープティダーラーム。

f:id:at_yayoi:20190721151811j:plain

 

 

 

 

お堂の形がシンプル!

 

 

 ワット・テープティダーラームは

小さいながらも見どころのあるお寺でした。

f:id:at_yayoi:20190721151855j:plain

 

道路側から撮りました。

f:id:at_yayoi:20190721155853j:plain

 

三門もシンプルです。

f:id:at_yayoi:20190721151839j:plain

この22番と23番のお寺はもう1つ共通点が

ありました。

それは、御本堂の建築スタイルがとても

似ていることです。

中にたくさんのブッダや比丘尼が

いらっしゃるお堂の

外側の屋根飾りは実にシンプル。

 

上が23番のお寺、

ワット・テープティダーラーム

下が22番のお寺、

ワット・アプソンサワンです。

f:id:at_yayoi:20190721151748j:plain

 f:id:at_yayoi:20190721151757j:plain

 

どちらもKingRamaⅢの時代のお寺なので

この時代の特徴かもしれませんが、

タイのお寺で最も目につく、

ナーガというヘビの神様の装飾がなく、

金が使われていません。

 

ナーガの装飾とは、代表的なものに

空をさすチョーファーといわれる

屋根飾りなどがあります。

 

下の写真は24番にアップロードする予定の

ワット・パトゥムワンナーラムのお堂で、

チョーファーなど屋根飾りにズームして

撮った写真です。

f:id:at_yayoi:20190721151803j:plain

 

タイのお寺といえば、金色の屋根飾りが目立つ中、

このお寺のお堂は、それらはない代わりに

屋根飾りの部分が中国の陶器で装飾されていて、

1977年にタイ芸術局に古代記念物として

登録されたそうです。

タイと中国の盛んな貿易の影響を受けた

中国スタイルの建築です。

 

 

神秘的!御本尊は白いブッダ!

 

 

 

御本堂です。

f:id:at_yayoi:20190721151913j:plain

 

御本堂を正面から撮りました。

f:id:at_yayoi:20190721151926j:plain

 

御本堂の入り口です。

外から見ても御本尊が光を放っています!

f:id:at_yayoi:20190721152010j:plain

 

御本堂に入って全体を撮りました。

f:id:at_yayoi:20190721152022j:plain

 

ちょっと近寄って撮りました。

f:id:at_yayoi:20190721152105j:plain

 

こちらに祀られている御本尊は、純粋な

白い石に掘られているもので、KingRamaⅢが

王宮からこちらに招来したものだそうです。

 

そして、1971年にKingRamaⅨによって

พระพุทธเทววิลาส(Phra Phutthathewawilat) 

と名付けられました。

 

御本尊は怪しく光るばかりでなかなか

写真にはっきりとは写りませんでした。

f:id:at_yayoi:20190721152035j:plain

 

横からも撮ってみました。

f:id:at_yayoi:20190721152048j:plain

 

御本堂を後にして、隣のお堂に移動します。

f:id:at_yayoi:20190721151956j:plain

f:id:at_yayoi:20190721152118j:plain

 

 

KingRamaⅢが王妃のために建てたお寺!

 

 

 

このお寺は、元の名をวัดพระยาไกรสวนหลวง

(ワット・プラヤークライスワンルワン)

といって、スワンルワンプラヤークライ

の町にあったことから

こう呼ばれていたそうです。

 

KingRamaⅢは1836年にこのお寺を建て始め

お寺は1839年に完成。

 

現在のお寺の名前のテープティダー(เทพธิดา)とは

女神、天女、仙女といった意味があり、

KingRamaⅢのお気に入りの美しい王妃が

お寺を建てるための資金を

寄付されたこともあり、

このように名付けたそうです。

KingRamaⅢと王妃です。

f:id:at_yayoi:20190721152301j:plain

 

そして、KingRamaⅢは52の比丘尼像も

作られました。

49の坐像と、3体の立像です。

 

比丘尼(ビクニ)というのは、

岩波仏教辞典によると、

❝ 男性の出家修行者を比丘(ビク)

  というのに対し、女性の出家修行者を

  比丘尼といい、伝承では、最初に

  比丘尼となったのは、釈尊の養母であった ❞

と、あります。

 

ブッダと比丘尼が祀られているお堂です。

f:id:at_yayoi:20190721152144j:plain

 

お堂を横側から、御本堂を背にして撮りました。

f:id:at_yayoi:20190721152130j:plain

 

お堂の入り口の上の金色の装飾が美しいです。

f:id:at_yayoi:20190721152159j:plain

 

お堂の中に入って全体を撮りました。

f:id:at_yayoi:20190721152211j:plain

 

ブッダにズームして撮りました。

f:id:at_yayoi:20190721152226j:plain

 

近づくにつれ、ブッダがたくさんの

比丘尼や仏像に

囲まれているのがみえてきます。

f:id:at_yayoi:20190721152248j:plain

 

ブッダに近寄って別の角度から撮りました。

f:id:at_yayoi:20190721152342j:plain

 

比丘尼に近寄ってみました。

f:id:at_yayoi:20190721152329j:plain

 

  

仏塔と博物館!

 

  

他に敷地内の目立つ建物は

仏塔とスントンプー博物館です。

f:id:at_yayoi:20190721152409j:plain

 

仏塔については情報が見つかりませんでした。

f:id:at_yayoi:20190721152354j:plain

 

スントンプーは

1785年くらいから1842年くらいの間に

ここに滞在していたタイの宮廷詩人です。

博物館の入り口です。

f:id:at_yayoi:20190721152437j:plain

 

私達が行った時は博物館は閉まっていましたが

毎年6月26日にはこの詩人を記念(追悼)して

礼拝が行われるということです。

博物館の案内板です。

f:id:at_yayoi:20190721152423j:plain

駐車場に近い方の門です。

今回はこれで参拝終了です。

f:id:at_yayoi:20190721152450j:plain

 

 

<ワット・テープティダーラーム>

 

f:id:at_yayoi:20190721151824j:plain

 

正式名称 วัดเทพธิดารามวรวิหาร

                    ワット・テープティダーラーム

      ウォラウィハーン

   タイ王室寺院 第3級に格付けされています。

 

所在地 ซอย สำราญราษฎร์ แขวง สำราญราษฎร์

    เขตพระนคร กรุงเทพมหานคร 10200

    Soi Samran Rat, Khwaeng Samran Rat,

    Khet Phra Nakhon, Krung Thep

    Maha Nakhon 10200

 

拝観料 100バーツ

f:id:at_yayoi:20190721151943j:plain

 

 

 

今回はDhammathaiのサイトと、

お寺の案内板を参考に書きました。

お読みいただきありがとうございました。

 

最近、タイのお寺の歴史だけでなく、

寺院建築の細かいところに

とても興味が強くなりました。

というのも、このところ毎月友人たちが

バンコクに遊びに来るので一緒に

ワット・プラゲーウに行っておりまして...

 

ワット・プラゲーウ、王宮は

KingRamaⅠの時代から

歴代の王様が少しづつ修復をされているので、

ラッタナコーシン朝の各王様の時代や

様々な特徴を一度に見ることができる

貴重な場所なのです。

 

これからもいろいろな時代のお寺を見ながら、

タイのお寺の建築スタイルを少しずつ探って、

このブログでもシェアできたらいいなと

思っています。

@yayoi