タイのお寺に魅せられて~アジア百寺巡礼ログ~

タイのお寺が好きな@yayoiです。アジア駐在歴通算16年目。タイで大きく人生が変わりました。タイを起点にアジアのお寺や仏像を研究中!

惹きつけられて人が集まるタイのお寺と行きたいお寺の探し方

f:id:at_yayoi:20191028101917j:plain

遠目にみて惹きつけられたのは猿だった!

 

サワディーカ。

@yayoiです。

 

 ある時、

“いろいろなお寺に行っているけど、

どうやって探しているの?“ と、

聞かれたことがあります。

確かに私は常にお寺を気にしているので、

どこに行こうか、どうやって行こうか、

タイ人はお寺ではどのように

過ごすのかなどなど…

毎日考えたり、観察しています。

 

そこで今回は、私が常日頃

タイ人とお寺について観察したことや

私なりのお寺の探し方や

私のお寺活動などといったいろいろを

書いてみようと思います。

 

 

 

観察1 タイ人にとってのお寺とは...?

 

  

まず初めに、タイには

相当な数のお寺があるのですが、

タイをはじめ、東南アジアの仏教の

主流は上座部仏教です。

前々回の記事で書いたように

大乗仏教のお寺もありますが、主流は上座部。

www.yayoi-thainootera.net

 

上座部仏教の大きな特徴は

出家した僧侶たちと、在家信者は

明確に区別されていることにあります。

 

出家した僧侶たちとは、ブッダの教えの

正統な継承者であり、

仏教の修行に専念する人達。

一方、在家信者は出家者を物質的、経済的に

支える役割を持ち、その自らの善行によって

功徳を得て将来の幸せを願う人達。

その在家信者が功徳を積むことを

タイ語ではタンブン( ทำบุญ)と

いいます。

 

そんな在家信者としての仏教徒のタイ人は

お寺では何をしているのかを

よく観察しています。

 

まずは日常的には…

 

① お花、ろうそく、3の倍数の

お線香をお供えして手を合わせる。

3とは、ブッダ、僧、お経といった

仏教における3つの大切なものを

表す意味があります。だからお辞儀も3回。

f:id:at_yayoi:20191028071003j:plain

f:id:at_yayoi:20191028070852j:plain

 

② お供えものをして僧の読経を聞く。

お供えものはタイ語で

サンガターン(สังฆทาน)といいます。

f:id:at_yayoi:20191028070642j:plain

 

f:id:at_yayoi:20191028070905j:plain

 

③ 本堂やお堂などで一人祈ったり瞑想をする。

f:id:at_yayoi:20191028071049j:plain

 

ちょっと時間をかけてお寺に行くときは…

 

① 例えば、雨季の間、僧侶たちがお寺にこもる

入安居(いりあんご)の日、

これは陰暦8月の満月の翌日なのですが、

タイ語ではワンカウパンサー(วันเข้าพรรษา)

と呼ばれるこの日には

たくさんの在家信者が集まり、

お供え物や食べ物などを

お供えし、みんなで読経を聞く。

これは日々の功徳とは別に、多数参加が

より大きな功徳を生み出し、

それによって転送されるより大きな功徳を

分かち合うことができるという特別な

機会であると考えられています。

f:id:at_yayoi:20191028071025j:plain

 f:id:at_yayoi:20191028071016j:plain

f:id:at_yayoi:20191028071008j:plain

 

② 男性は男性だけの

数日の出家をすることもできます。

トンブリー地区にあるワット・ホンでは

KingRamaⅩの戴冠式のお祝いのための

出家をする男性達をみかけました。

f:id:at_yayoi:20191028071500j:plain

 

③ 女性には数日の瞑想のための出家、

パティバッタム(ปฏิบัติธรรม)があります。

これは直訳すると ”仏法の実践” 

ですから、自分に向き合う時間をもち、

ブッダの教えを思い出すための

時間という感じかもしれません。

男性や子供も一緒に参加できます。

f:id:at_yayoi:20191028070917j:plain

 

 

観察2 タイ人が願い事をするときには...?

 

タイ人にとって、ブッダのいるお寺は

功徳を積み、自分のための瞑想の場。

では、お願い事をするときはどうするのでしょうか。

 

もちろん徳を積みながら祈るのですが

その場合はヒンドゥー教の神様がいる

ところに行くようです。

 

例えば、シーロム通りにある

ヒンドゥー教寺院の

ワット・プラシーマハーウマテウィー。

(通称ワット・ケーク)

f:id:at_yayoi:20191028071125j:plain

 

バンコク伊勢丹のまえにある

トリムルディやガネーシャの祠。

f:id:at_yayoi:20191028070840j:plain

 

チャチュンサオ県のピンクのガネーシャで

有名なワット・サーマーンでは

タイ人はむしろお堂の中のガネーシャに

祈ったり金を貼ったりしています。

f:id:at_yayoi:20191028071453j:plain

 

仏教のお寺なら、戦勝寺の意味を持つ

ワット・チャナソンクラーム。

f:id:at_yayoi:20191028071036j:plain

このお寺については、また後日記事にしたいと

思っています。

 

そして余談ですが、私がいつも行きお願いするのは

ワット・フアランポーン。

願いを叶えたいという友人の言葉に答えて

数人をご案内しましたが、今の所お願い叶う率、

実は…99%!!

(後日の結果を聞いていない方がいるため。-1%)

かなり高いです。

私はこのサーラ―(あずまや)の中の

ブッダと高僧にお願いをします。

f:id:at_yayoi:20191028071205j:plain

f:id:at_yayoi:20191028071216j:plain

その後、御本堂の御本尊に手を合わせます。

f:id:at_yayoi:20191028071227j:plain

 

日本では、在家信者ということが

あまり身近ではないので、お寺で徳を積む人が

いるかどうかは知りませんが、

お寺も神社もパワースポットと呼ばれながらも、

お墓参りはお寺、初詣やお願いは神社などと、

無意識に分けているのではないでしょうか...?

 

 

観察3 個性的な特徴を持つタイのお寺って...?

  

タイ人は徳を積むお寺、お願いをするお寺

をうまく分けて足を運んでいるように

見受けられる一方、

お寺はそういった場を人々に与えると同時に、

他の国同様、観光地でもあったりするので

視覚的に個性的な特徴をもつお寺が多く、

しかも最近ではその様なお寺の増加が

加速しているようにさえ思います。

これはあまり他の国ではみられない

タイならではのおもしろい特徴だと

私は思っています。

 

例えば、仏教の教えを視覚的に表す目的を

持って造られた地獄寺と呼ばれるお寺。

タイの地獄寺が造られたのは

今から約60年前のことだそうです。

f:id:at_yayoi:20191028071507j:plain

  

写真映えするお堂のあるお寺。

f:id:at_yayoi:20191028071103j:plain

 

f:id:at_yayoi:20191028070926j:plain

 

大仏や大きなヒンドゥー教の神様の

像があるお寺。

f:id:at_yayoi:20191028071441j:plain

f:id:at_yayoi:20191028070655j:plain

 

公園やテーマパークのようなお寺。

f:id:at_yayoi:20191028070735j:plain

以前、記事にしました。

www.yayoi-thainootera.net

 

新しく修復され見違えるように美しくなる

お寺もあります。

f:id:at_yayoi:20191028071138j:plain

  

最後に、お寺の中には、残念ながら

廃寺になっていくお寺もあります...

アユタヤの廃寺でひっそりと眠る

貴重な600年前の涅槃仏。

f:id:at_yayoi:20191028071151j:plain

とにかくタイのお寺は

その数は増えて行くばかりです。

私が行ってみたいお寺も増えていく一方です!!

 

 

そんな行きたいお寺の探し方!

    

さて、最後になりましたが、

私流のどこのお寺に行くかの決め方、

お寺の探し方ですが

いくつかの方法があります。

 

①  インスタグラムで探す。

 インスタグラムの🔍をクリック。

f:id:at_yayoi:20191028070708j:plain

 

気になる写真をクリックして

アカウント名の下の場所をクリック。

f:id:at_yayoi:20191028070712j:plain

 

グーグルマップで位置を確認。

グーグルマップに投稿されている

写真をチェック。

f:id:at_yayoi:20191028070725j:plain

行きたければ保存をクリック、または

メモなどに書いておく。

 

② 車や電車の中から見えるお寺や 歩きながら

見えるお寺をグーグルマップで探す。

例えば、移動の最中に

車の中から気になるお寺らしきもの発見!と

思ったら、とりあえず写真を撮ってみる。

f:id:at_yayoi:20191028071418j:plain

 

グーグルマップの位置情報サービスで

現在地を確認。

自分の位置と方向を見ながら、

ちょっと前に通って来た

辺りの地図にでてくる

วัด・ wat・ ワット (タイ語でお寺)の

文字を探す。

例えば、この地図なら右下に

2か所見えるวัด (ワット) の

お寺を片っ端からクリック。

f:id:at_yayoi:20191028071255p:plain

 

グーグルマップ上の投稿された

写真と見比べて、お寺名を知る。

f:id:at_yayoi:20191028071306p:plain

 

私が車の中から見て撮った写真がでています。

アクセスは公共の乗り物では無理そう…

 

行きたいお寺の名前がわかったところで、

後日、車で連れて行っていただきました。

その時に撮った写真がこちら。

f:id:at_yayoi:20191028070949j:plain

 

車や電車の中からは

お寺名はまず見えないのですが、

目を引くお寺や仏塔、仏像やヒンドゥー教の

神様の像が意外にあちこちに見えます。

(これがタイの魅力!)

 

私は車移動の時はグーグルマップで

常に現在地を確認しながら、

窓から外をみています。

カバー写真の猿を遠目に見た時はこんな感じで、頭が

ポコッとでているので気になり調べたら、お寺でした。

f:id:at_yayoi:20191028070940j:plain

 

 ③ 高い建物の上から探す。

 ホテルやレストランをはじめ、

どこか高いところに行く機会があったら、

上からバンコクを眺めると…

 

タイのお寺ってかなり目立ちます。

真ん中の茶色の屋根の辺りが

お寺の敷地です。

f:id:at_yayoi:20191028071555j:plain

   

写真を拡大してみます。

お堂がたくさんあります。

f:id:at_yayoi:20191028071522j:plain

 

この時は、友達が韓国から遊びに来ており、

たまたま一緒にペニンシュラホテルに

宿泊していて見えたのですが、

グーグルマップで探してみたら

意外にもホテルの道路をはさんで目の前に

Wat Suwanがあります。

船でホテルに渡って来たので気づきませんでした。

f:id:at_yayoi:20191028070731j:plain

 

ということで、翌朝

早起きして行って来ました。

上の方から見ていたお寺が目の前に!

f:id:at_yayoi:20191028070830j:plain

 f:id:at_yayoi:20191028071547j:plain

 

こんな風に、いつもどこにお寺があるか

どこのお寺に行こうか

目を光らせ、考える習慣がついています。

そして、強い味方はグーグルマップ!

 

 

この記事は以前、私の日常ブログに

アップしたものに加筆したものです。

お読みいただきありがとうございました。

@yayoi