タイのお寺に魅せられて~アジア百寺巡礼ログ~

タイのお寺が好きな@yayoiです。アジア駐在歴通算16年目。タイで大きく人生が変わりました。タイを起点にアジアのお寺や仏像を研究中!

〖御座船に魅せられて〗御座船は王宮前広場にあった!

f:id:at_yayoi:20191214234133j:plain

王宮前広場御座船展示会

 

サワディーカ。

@yayoiです。

 

前回のブログでは、パレードの船の並びに従って

御座船の護衛船の簡単な特徴や役割を

iconsiamにて公開されていた

王室御座船展示会「Art Afloat」の展示物に

使われていた船の模型を通して

まとめてみました。

 

今回はもう一つの展示、

王宮前広場で行われていた展示会場の様子を

ご紹介してみようと思います。

 

この展示は王宮前広場に

御座船の実物大と思われる船の大型模型が。

また、テントが張られた室内では、それぞれの船の

説明のパネルの展示やショーが行われていました。

 

開催を知ったのは、インターネットで見た

Thaipostのニュースで、10/24~11/11の間、

展示があるということでした。

行ってみてびっくりなのは、規模が大きかったことと

政府と文化庁の主催ということで入場料も無料でした。

 

 

まずは、タマサート大学側から王宮前広場に入ります。

f:id:at_yayoi:20191214233936j:plain

 

右手側にワット・プラゲーウが見えます。

f:id:at_yayoi:20191214234953j:plain

少しずつ近寄って行くと芝生の上に御座船が!!

f:id:at_yayoi:20191214233944j:plain

 

 

[外ゾーン]御座船のご紹介!

 

前回のブログでは、

メインの御座船4隻にまで至らなかったので

今回は王宮前広場の外に展示してあった

御座船の大型模型の写真とともに

御座船を紹介してみようかと思います。

簡単な配置図を作ってみました。

この配置図をもとに御座船1から御座船4まで

順に写真と簡単な説明を書いていきます。

f:id:at_yayoi:20191214234211j:plain

 

御座船1

เรือพระที่นั่งนารายณ์ทรงสุบรรณ รัชการที่ ๙

The Royal Barge Narai Song Suban H.M. RamaⅨ

f:id:at_yayoi:20191214233956j:plain

 

f:id:at_yayoi:20191214234002j:plain

 

船首はガルーダに乗るNarai(ナーラーイ神)。

Naraiとは、ヒンドゥー教のヴィシュヌ神のことで

Subanとは、ガルーダまたはガルーダの王のことです。

この船は、元は軍の、装飾をしつらえた船でしたが、

1996年のKingRamaⅨの戴冠式のために献上された

船だということで、1994年の儀式には

KingRamaⅨご夫妻が出席されたようです。

f:id:at_yayoi:20191214234856j:plain 

御座船2

เรือพระที่นั่งสุพรรณหงส์

The Royal Barge Suphannahong

f:id:at_yayoi:20191214234011j:plain

f:id:at_yayoi:20191214234017j:plain

船首は金色の白鳥。

Suphannahongとは、金色の白鳥ですが、

バラモンやヒンドゥー教の経典に出てくる神様の

乗り物で、白は純粋で聖なる色。

白鳥、ハンサ鳥は穢れなき聖なる聖鳥を表します。

もとはKingRamaⅠの時に作られたものの代わりに

KingRamaⅤの終わりのころから作られ、KingRamaⅥの

時代の1911年に完成しました。

その年の11月に水に浮かべる儀式を行ったようです。

中央の陽ざしには玉座が置かれていて

国王がパレードでお乗りになる船です。

f:id:at_yayoi:20191214234653j:plain

  

御座船3

เรือพระที่นั่งอนันตนาครช

The Royal Barge Ananta Nakkharat

f:id:at_yayoi:20191214234024j:plain

f:id:at_yayoi:20191214234031j:plain

Ananta Nakkharatとはナーガ、またはヘビの王様

を意味し、船首にはそれが置かれています。

ある伝説の中に、タイの国王は人間の世界に降りて来た

ヴィシュヌ神の化身だともいわれているのですが、

乳海(世界が原初の海におおわれていた時)では、

ヴィシュヌ神は竜王アナンタ、つまりナーガやヘビの

王様の上でおやすみになっていたそうです。

ヴィシュヌ神の乗り物として一般的なのはガルーダですが、

確かに調べたら、アナンタも乗り物となっているようで、

ここからこの船の船首ができたのでしょうか...?

仏像または僧のための僧衣を安置するための

玉座がおかれています。

もとはKingRamaⅣの時に作られましたが、

現在のものはKingRamaⅥによって作られたもので

1914年に完成したもの。

f:id:at_yayoi:20191214234225j:plain

 

御座船4

เรือพระที่นั่งอเนกชาติภุชงต์

The Royal Barge  Anekkachatphuchong

f:id:at_yayoi:20191214234048j:plain

f:id:at_yayoi:20191214234038j:plain

Anekkachatphuchongも

ナーガ、ヘビを表す言葉であり、ヒンドゥー教の

経典や仏教では力や権力、知や豊かさを象徴する

ものでもあるようです。

船首には小さなナーガがたくさん彫られています。

KingRamaⅤの時代に作られました。

中央には陽ざしのある玉座があります。

f:id:at_yayoi:20191214234839j:plain

 

 

[ロビーとRoom3]テントとは思えない展示場!

 

外での御座船の写真を撮り終えてから

テントの中の展示をみました。

入口を撮りました。

f:id:at_yayoi:20191214234127j:plain

 

前面から見るとテントというより建物です。

f:id:at_yayoi:20191214234113j:plain

 

この入口から入ります。

私の配置図の ←入り口 部分です。

f:id:at_yayoi:20191214234120j:plain

 

入ると受付があり、ショーをみるかと聞かれたので

時間を聞いたらちょうど1時間後にあり、

30分後にもう1度受付に来るようにいわれました。

入り口正面のロビーも立派です。

f:id:at_yayoi:20191214234141j:plain

 

入口を入り、すぐ右手側が展示場です。

配置図のRoom3 の部分です。

f:id:at_yayoi:20191214234148j:plain

f:id:at_yayoi:20191214234156j:plain

  

入って右側は御座船の説明を記したパネルなど。

先ほどの4隻の御座船の説明はここから引用しました。

f:id:at_yayoi:20191214235007j:plain

f:id:at_yayoi:20191214235012j:plain

  

左手側は護衛船の説明を記したパネルなど。

f:id:at_yayoi:20191214235002j:plain

  

そして御座船と護衛船の模型が。これは人が手で押して

ショーに登場してくる模型です。

f:id:at_yayoi:20191214234513j:plain

 

ガラス窓から中がちょっと見えます。

f:id:at_yayoi:20191214234521j:plain

 

その横にはタッチパネル。

f:id:at_yayoi:20191214234321j:plain

 

画面をタッチするとスクリーンに説明がでます。

f:id:at_yayoi:20191214234940j:plain

 

1番奥には大型スクリーン。

f:id:at_yayoi:20191215001915j:plain

 

それを挟んで左右に船員のユニフォームと

楽器などの小物が展示されていました。

f:id:at_yayoi:20191214234350j:plain

f:id:at_yayoi:20191214234405j:plain

 

また、中央部分には船に貼られている、

修復などに使われる材料など細かいものについて

スタッフがいて説明してくれます。

f:id:at_yayoi:20191214234341j:plain

f:id:at_yayoi:20191214234334j:plain

 

f:id:at_yayoi:20191214234328j:plain

このような展示をみていたら

あっという間にショーの時間がきてしまいました。

 

 

[Room2]先に見てしまったショーの裏方!

  

実はこのテントに入る時、

外で御座船の写真を撮っていた私は

うっかり間違えて裏口から入ってしまいました。

f:id:at_yayoi:20191214234059j:plain

 

そうしたらなんとショーの裏方さんがたくさん

船の模型を手で押していました!

f:id:at_yayoi:20191214234106j:plain

 

押している人にきいたら、入り口はいったん外にでて

まわるようにいわれたので、先ほどの入り口から

入ったのですが、ショーを観るより先に

裏方をみてしまいました。

 

おかげさまで無事に入り口から受付を通り、

中に入り展示をみることができ、

その間に1度受付でショーを観るための

座席の予約に行きました。

f:id:at_yayoi:20191215003124j:plain

 

このようなカードが配られ、右下に座席番号が

書いてある座席指定のショーです。

通常はショーは夕方からで、団体があるときは

別枠のショーがあるらしく、私が行った日は

たまたま学生のためのショーに一般を入れて

くださった様で、ラッキーでした。

f:id:at_yayoi:20191214234506j:plain

 

学生さんに混ざってショータイムです。

f:id:at_yayoi:20191214235017j:plain

 

子供たちが、御座船がくる前のひと時、

タイや御座船や戴冠式などについて

いろいろ大人から話を聞くという形で

ショーが進行していきます。

f:id:at_yayoi:20191214234547j:plain

 

各地方のタイダンスも見ることができました。

f:id:at_yayoi:20191214235023j:plain

f:id:at_yayoi:20191214235028j:plain

f:id:at_yayoi:20191214235032j:plain

 

 そして、最後のハイライトは御座船パレードです。

f:id:at_yayoi:20191214234729j:plain

f:id:at_yayoi:20191214234721j:plain

 

ショーが終わっても展示はまだまだ。

Room1へと続きます。

 

 

[Room1]国王の写真などの展示!

  

テントの入り口を入ると左手側は

細い通路になっていて、昔の御座船パレードの

写真などが飾られていました。

f:id:at_yayoi:20191214234739j:plain

 

そこを抜けると大きな部屋がありました。

f:id:at_yayoi:20191214234757j:plain

 

こちらは時間の都合上、さっと見ただけでしたが

戴冠式などの行事に関するパネルや写真が

並んでいました。

f:id:at_yayoi:20191214234805j:plain

f:id:at_yayoi:20191214234812j:plain

広い空間でした。

f:id:at_yayoi:20191214235035j:plain

 

再びロビーにもどると次のショーのために

部屋に入ったのかロビーには人がいなくなり、

写真スポットとなっていた

船首部分の写真を撮ることができました。

 

上半身が鬼、下半身が鳥の魔神。

f:id:at_yayoi:20191214235040j:plain

 

ナーガをつかむガルーダ。

f:id:at_yayoi:20191214235044j:plain

 

 

「さて、個人的なことですが、明日から日本に

 一時期国です。年末年始は記事を書けそうに

 ないので、パレード当日の記事を新年最初の記事に

 書きたいと思います。」

f:id:at_yayoi:20191214233923j:plain

 

お読みいただきありがとうございました。

@yayoi