タイのお寺に魅せられて  ~タイ百寺巡礼ログ+アジアのお寺~

タイのお寺が好きな@yayoiです。アジア駐在歴通算16年目。タイで大きく人生が変わりました。タイを起点にアジアのお寺や仏像を研究中!

30番 エメラルド仏のレプリカがあるお寺

f:id:at_yayoi:20200404193229j:plain

ワット・トゥンセティー バンコク

 

サワディーカー。

@yayoiです。

 

何かの記事でみたのですが、

“ ワット・プラゲーウのエメラルド仏の

   レプリカがワット・トゥンセティーに

   ある “と。

 

そこで、早速そのお寺を探してみたら、

まず出てきたのが、コーンケン県にある

ワット・トゥンセティー。

もう1つがバンコクとサムットプラカーン県の

ちょうど境目あたりにある

ワット・トゥンセティー。

そこで、まずはすぐに行けそうなバンコクの

ワット・トゥンセティーから

行って見ることにしました。

 

以前、同じ時期にタイに住んでいた

友人が日本から来て、1か月くらい

滞在していたので、その友人と待ち合わせて

BTSスカイトレインの

バンナー駅からタクシーで行きました。

 

友人とはちょうど1週間前に一緒に

ワット・プラゲーウのエメラルド仏に

お会いしに行ったのですがKingRamaⅩの

お誕生日のセレモニーの後で、

エメラルド仏の礼拝堂には

入れなかったのです。

そこでエメラルド仏のレプリカがあるかも

しれないから、このお寺に行ってみないかと

誘ってみました。

 

高速通りの側道のような店もない通りを通ること

15分ちょっと…

大丈夫かな...と心配になってきたころに

タクシーは左折し、角に表示もありました。

f:id:at_yayoi:20200404194535j:plain

 

そのちょっと細い通りを

少し走ったら、またお寺の表示が見えます。

f:id:at_yayoi:20200404201652j:plain

 

突き当りに門があります。

f:id:at_yayoi:20200404201243j:plain

 

その先には…まるでミニテーマパークのような

赤が目をひきます。

f:id:at_yayoi:20200404201251j:plain

 

左手側にはお堂やトラニーや仏像が見えます。

f:id:at_yayoi:20200404201309j:plain

 

右手側に行って見ました。

こちら側には三門があり、左右に鬼がいますが…

f:id:at_yayoi:20200404201337j:plain

 

愛嬌のある?お顔をしています。

 f:id:at_yayoi:20200404204208j:plain

 

三門を背に撮った道路です。

f:id:at_yayoi:20200404201318j:plain

 

まわりはまだ何もありません。

f:id:at_yayoi:20200404201328j:plain

 

 

 

 

 ポツンと一軒寺?!

  

このお寺の歴史をネット検索してみましたが

あまり出てきません。

結構、新しいお寺のようです。

 

先ほどの写真にもあるように

周りになにもないのです。

それもそのはず。

このお寺の周りはもともと田んぼで、

収穫がよかったので、人々は口々に

トゥンセティーと呼んでいたそうです。

 

トゥン(ทุ่ง)とは、 田んぼ。

セティー(เศรษฐี)とは、豊か、お金持ちの

意味を表すタイ語です。

 

1981年に信仰の深い土地の所有者が、

自分の土地の一部を、お寺を建てるために

寄付しました。

そして初めのうちは僧房として、

ワット・サルットから

高僧や僧侶を招来し、

1986年になってお寺を建てる許可が

下りたそうです。

ここに住み着いている人々のために建てられた

仏教のお寺。

それが、このワット・トゥンセティーです。

 

 

見所満載のお寺をエリア分け!

  

今回の記事はタイ語でもあまり情報がないため、

後はほとんど写真になります。

そこでいつもとちょっと構成を変えて

お寺内を大きく3つのエリアに分けて

建物の順番ごとに

写真で見所を紹介したいと思います。

  

簡単にお寺の見取り図を作ってみました。

f:id:at_yayoi:20200404205025j:plain

グレーの☆は菩提樹。

黄色い☆はガネーシャ。

緑の☆は、エメラルド仏が

祀られているところです。

エリアを分けてみました。

 

エリア1 入口付近

仏像が祀られている開かずのお堂(①)

入口正面のサーラ―(②)

大地の女神トラニーのいる祠(③)

ブラフマーの祠(④)

ガネーシャが2階にいる開かずのお堂(⑤)

細長い開かずのお堂(⑥)

チュンポン王子を祀ったお堂(⑦)

インドラ神の化身の祠(⑧)

 

エリア2 T字型のお堂

T字型のお堂入り口付近(⑨)

御本堂に面している部分(⑩)

仏像が祀ってある礼拝堂(⑪)

博物館(⑫)

仏足石の間(⑬)

  

エリア3 御本堂の裏手

神社(⑭)

小さな仏塔(⑮)

4階建ての大きな仏塔(⑯)

祠がいくつかあるエリア(⑰)

 

エリア4

御本堂(⑱)

 

 

エリア1 入口付近

 

仏像が祀られている開かずのお堂(①)

 入り口にいるのはどなた...?

f:id:at_yayoi:20200404201421j:plain

f:id:at_yayoi:20200404201404j:plain

f:id:at_yayoi:20200404201430j:plain

  

入口正面のサーラ―(②)

f:id:at_yayoi:20200404201300j:plain

  f:id:at_yayoi:20200404201413j:plain

 

大地の女神トラニーのいる祠(③)

f:id:at_yayoi:20200404193544j:plain

 

後ろ側にはカセンネン(ブッダの弟子の一人)。

f:id:at_yayoi:20200404193808j:plain

f:id:at_yayoi:20200404193753j:plain

 

ブラフマーの祠(④)

 f:id:at_yayoi:20200404193635j:plain

  

ガネーシャが2階にいる開かずのお堂(⑤)

f:id:at_yayoi:20200404193649j:plain

 

1階には仏像が祀られています。

f:id:at_yayoi:20200404193703j:plain

 

2階にはガネーシャが祀られていますが、

階段の途中までしか行かれません。

f:id:at_yayoi:20200404193716j:plain

 

そこから撮った御本堂の屋根の部分です。

f:id:at_yayoi:20200404193852j:plain

 

ガネーシャを下から撮りました。

f:id:at_yayoi:20200404193839j:plain

 f:id:at_yayoi:20200404193823j:plain

 

長い開かずのお堂(⑥)

通りがかりにお堂の横の窓から

撮りました。

f:id:at_yayoi:20200404193729j:plain

f:id:at_yayoi:20200404193741j:plain

  

このお堂の裏手には

仏塔の様なものが見えます。

f:id:at_yayoi:20200404193904j:plain

 

チュンポン王子を祀ったお堂(⑦)

f:id:at_yayoi:20200404193916j:plain

f:id:at_yayoi:20200404193940j:plain

  

チュンポン王子はタイのいろいろな

所で祀られています。

以前書いたブログです。

thai-yayoi-buddhism.hateblo.jp

 

インドラ神の化身の祠(⑧)

耳が4つ、目が5つあります。

こちらはインドラ神の化身だそうです。

f:id:at_yayoi:20200404194424j:plain

f:id:at_yayoi:20200404194437j:plain

 

  

エリア2 T字型のお堂

 

地図でいうと中央あたりの

お堂と礼拝堂が隣接して建っていて

T字型になっているところを

エリア2にしました。

 

お堂入り口付近(⑨)

門に近い入り口の前方からお堂を

撮りました。

このお堂は出入り口が数か所あります。

f:id:at_yayoi:20200404193557j:plain

  

お堂の手前にはKingRamaⅩの肖像画が

飾られ、その足元にはガルーダがいます。

f:id:at_yayoi:20200404193609j:plain

f:id:at_yayoi:20200404193622j:plain

  

入口から入ったところです。

右手側には曜日ごとの仏像が祀られています。

f:id:at_yayoi:20200404201438j:plain

 

その後ろの赤い柵の向こう側にも

さらに仏像が祀られています。

柵の隙間から撮りました。

f:id:at_yayoi:20200404201505j:plain

 

ここを正面にお堂は左手側に直角に曲がります。

f:id:at_yayoi:20200404201455j:plain

 

左の角には菩提樹が祀られています。

f:id:at_yayoi:20200404193001j:plain

f:id:at_yayoi:20200404201516j:plain

 

別の角度から見ると大地の女神

トラニーがここにもいます。

f:id:at_yayoi:20200404192945j:plain

 

お堂本堂に面している部分(⑩)

菩提樹のところを曲がると

右手側が礼拝堂。

f:id:at_yayoi:20200404201525j:plain

 

左手側は順に...

f:id:at_yayoi:20200404193014j:plain

f:id:at_yayoi:20200404193026j:plain

f:id:at_yayoi:20200404193040j:plain

 

上の写真の左はナレースワン王、

中央はタークシン王、右はトンブリー時代の

武人プラヤー・ピチャイダープハックが、

それぞれ祀られています。

 

その隣は、私達は上がりませんでしたが

仏足石が祀られているようです。

f:id:at_yayoi:20200404194520j:plain

 

その隣には

奥にガネーシャがいらっしゃいました。

f:id:at_yayoi:20200404194333j:plain

f:id:at_yayoi:20200404194346j:plain

 

正面付近にもいろいろ祀られています。

f:id:at_yayoi:20200404194358j:plain

 

この後ろが出入口になっていて、

外に出ると、エリア1で紹介した

インドラ神の化身の祠(⑦)に出ます。

外側からみたこのお堂です。

f:id:at_yayoi:20200404194453j:plain

 

仏像が祀ってある礼拝堂(⑪)

菩提樹の辺りまでもどると

左手側に大きな部屋があり、

正面は礼拝堂になっています。

 

入って右手側に博物館。その横には

オフィスや仏足石の間、会議室が並びます。

博物館の前に祀られている仏像。

f:id:at_yayoi:20200404201534j:plain

 

一方、左手側には、エメラルド仏のレプリカ。

大きさが同じかどうかはわかりませんが…

左から順に季節の衣を着ています。

f:id:at_yayoi:20200404193150j:plain

f:id:at_yayoi:20200404193203j:plain

f:id:at_yayoi:20200404193216j:plain

  

その先にもたくさんの仏像が祀られています。

f:id:at_yayoi:20200404193120j:plain

 

その横は出入り口があり、御本堂の裏側が

見えます。

f:id:at_yayoi:20200404193242j:plain

 

そして正面にはたくさん仏像や

高僧の像が祀られていて、

どれもみんな金がたくさん貼られているので

いかにたくさんの方が手を合わせに来ているかが

わかります。

f:id:at_yayoi:20200404193438j:plain

 

中央にいらっしゃるのは

ルワンポー・トゥンセティー。

ズームして撮りました。

優しいまなざしに癒されます。

f:id:at_yayoi:20200404193053j:plain

 

ルワンポー・トゥンセティーがご覧に

なっている入り口。入ってくる人すべてに

優しいまなざしを注いでくれる気がします。

f:id:at_yayoi:20200404193106j:plain

 

博物館(⑫)

博物館は入り口が2か所あります。

片方の出入り口は左右にガネーシャと

エラワンがいます。

f:id:at_yayoi:20200404201542j:plain

 

こちらは3つの頭をもつエラワン。

f:id:at_yayoi:20200404201552j:plain

 

エメラルド仏の正面にある

出入り口がこちらです。

f:id:at_yayoi:20200404193415j:plain

f:id:at_yayoi:20200404193404j:plain

  

このお部屋はたくさんの仏像が祀られ

博物館としているからか、空調がきいていて

出入り口も自動ドア―になっています。

f:id:at_yayoi:20200404193425j:plain

 f:id:at_yayoi:20200404201715j:plain

f:id:at_yayoi:20200404201709j:plain

  

仏足石の間(⑬)

このお部屋もすべてがケースの中に

収められています。

右手側。

f:id:at_yayoi:20200404193451j:plain

 

左手側に仏足石などがあります。

f:id:at_yayoi:20200404193505j:plain

f:id:at_yayoi:20200404193517j:plain

  

この部屋を出たあたりの

礼拝堂にでている表示です。

この先は会議室もあると表示があります。

f:id:at_yayoi:20200404193532j:plain

 

 

エリア3 御本堂の裏手

 

神社(⑭)

この時は開いていませんでした。

f:id:at_yayoi:20200404193953j:plain

 

小さな仏塔(⑮)

f:id:at_yayoi:20200404194112j:plain

f:id:at_yayoi:20200404194124j:plain

   

4階建ての大きな仏塔(⑯)

アユタヤのチャクラパット王の

栄誉をたたえて建てたものの様です。

最初は鐘楼があるのかと思いましたが…

f:id:at_yayoi:20200404194005j:plain

 

正面にはラーフーがいます。

f:id:at_yayoi:20200404194031j:plain

 

裏側でブッダに合掌するのは…?

f:id:at_yayoi:20200404194044j:plain

 

この塔を背に撮った御本堂(左)と

エリア2のお堂(右)です。

f:id:at_yayoi:20200404194058j:plain

 

祠がいくつかあるエリア(⑰)

f:id:at_yayoi:20200404201723j:plain

   

周囲にはまだ空いているスペースがあり、

休日はたくさんの人が訪れる時の駐車場と

なっていると思われます。

そこにも祠がありました。

f:id:at_yayoi:20200404201611j:plain

f:id:at_yayoi:20200404201620j:plain

  

敷地の1番奥の方には

遠目に池が見えます。

f:id:at_yayoi:20200404201630j:plain

 

 

エリア4 御本堂(⑱)

  

御本堂を正面から撮りました。

f:id:at_yayoi:20200404194153j:plain

 

破風の部分にはガルーダと、その上にあるのは

王の紋章のように見えます。

f:id:at_yayoi:20200404194206j:plain

 

正面からだとわかりにくいのですが

まだ中央のチョーファーがありません。

f:id:at_yayoi:20200404194140j:plain

 

角度を変えて屋根の部分を撮りました。

f:id:at_yayoi:20200404194251j:plainf:id:at_yayoi:20200404194303j:plain

  

そうしたら、ワット・プラゲーウの

ドゥシット・マハー・プラサート殿に

屋根の造りが似ている気がしてきました。

f:id:at_yayoi:20200404201225j:plainf:id:at_yayoi:20200404201234j:plain

 

御本堂の周囲には

仏像が祀ってあります。

f:id:at_yayoi:20200404201719j:plain

 

御本堂の外壁も素晴らしいです。

f:id:at_yayoi:20200404194317j:plain

f:id:at_yayoi:20200404194222j:plain

 

しかし、お堂は閉まっていました。

f:id:at_yayoi:20200404201641j:plain

f:id:at_yayoi:20200404194235j:plain

  

残念な気持ちで礼拝堂に入ると、たまたま

礼拝堂でボランティアをされていた方で

以前、日系の会社で働いていたという

日本語がちょっとできる方にお会いしました。

その方が午後の3時には開くと

教えてくださいました。

 

後日行ってみました。

ろうそくに火がともっています。

f:id:at_yayoi:20200404194602j:plain

 

16時過ぎに到着したので

今回は開いていました。

f:id:at_yayoi:20200404194547j:plain

 

入ってすぐに撮った御本堂全体の様子です。

素晴らしい御本堂です。

f:id:at_yayoi:20200404194614j:plain

 

ズームして撮りました。

f:id:at_yayoi:20200404194630j:plain

 

美しい御本尊です。

お坊さんたちがいらっしゃるので、

女性はあまり近くには寄れないのです。

ズームして撮っています。

f:id:at_yayoi:20200404201701j:plain

 

壁画も素晴らしいので奥まで行って

ゆっくり見たいところですが…

これは大地の女神トラニーがブッダの

瞑想を邪魔する者たちを流すのに

髪の毛を振り絞って大洪水を起す場面です。

f:id:at_yayoi:20200404194643j:plain

 

御本尊がご覧になっている壁画。

f:id:at_yayoi:20200404201113j:plain

 

御本尊の後ろには須弥山や周りにも壁画が

ぎっしり。

f:id:at_yayoi:20200404201015j:plain

 

御本尊を正面にむかって左手側。

f:id:at_yayoi:20200404201036j:plain

 

向かって右手側。

f:id:at_yayoi:20200404201057j:plain

 

出入り口の扉の横の部分です。

f:id:at_yayoi:20200404200912j:plain

 

扉には美しい彫刻があります。

f:id:at_yayoi:20200404201143j:plain

f:id:at_yayoi:20200404201131j:plain

 

今回、ご一緒いただいたタイ人の方の話だと

結界がないのとチョーファーが

ついていないので

まだ未完成のお堂ではないか...と

いうことでした。

 

チョーファーが一つ御本堂の前にありました。

f:id:at_yayoi:20200404201203j:plain

 

壁画を見に、また訪れたいお寺です。

 

さて、最後にもう1枚。

友人とワット・プラゲーウのエメラルド仏に

お会いしに行ったときは大掃除中で礼拝堂が

開いていませんでしたと

初めに書きましたが、

大掃除中ならではの、珍しく

エメラルド仏の後ろの扉が開いていました。

そこで貴重なエメラルド仏の後ろ姿を

拝見することができました。

f:id:at_yayoi:20200404192928j:plain

 

 

< ワット・トゥンセティー >

f:id:at_yayoi:20200404194411j:plain

  

正式名称 วัดทุ่งเศรษฐี

                     ワット・トゥンセティー

 

所在地 144 หมู่ 8 ถนน บางนา ตราด ก ม .

    8 แขวง ดอกไม้ แขวงสวนหลวง

               กรุงเทพมหานคร 10263

               144 หมู่ 8 ถนน บางนา ตราด ก ม .

               8 Dok Mai, Suan Luang,

               Bangkok 10263

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

@yayoi