タイのお寺に魅せられて  ~タイ百寺巡礼ログ+アジアのお寺~

タイのお寺が好きな@yayoiです。アジア駐在歴通算16年目。タイで大きく人生が変わりました。タイを起点にアジアのお寺や仏像を研究中!

35番 10年の間にすっかり様変わりした寝釈迦仏のお寺

f:id:at_yayoi:20200826141236j:plain

ワット・クー ノンタブリー県

  

サワディーカー。

@yayoiです。

 

10年前にノンタブリー県のタイ料理店に行く

途中、偶然通りかかった際、

美しい寝釈迦仏が祀ってあるときいて

入ったお寺。

 

タイにとって、大きな洪水の被害があった

あの年のこと。

当時、シンガポール在住だった私は被害が少し

おさまってから、旅行でタイを訪れました。

 

その時は御本堂を参拝していなかったことと、

当時、他にも建築中の建築物があったことを

思い出し、再訪してみました。

 

現在のお寺の門と入り口です。

f:id:at_yayoi:20200826122555j:plain

 

周りはしっかりと囲われています。

f:id:at_yayoi:20200826122602j:plain

 

そこからのぞいて見たら、仏像が1躰だけ

外壁の脇に祀られていました。

f:id:at_yayoi:20200826122610j:plain

 

その後ろに見えるのが寝釈迦仏のお堂です。

f:id:at_yayoi:20200826122617j:plain

 

このお寺は道路から川に向って細長い

敷地の中に建てられています。

お寺の中にあった案内図です。

f:id:at_yayoi:20200826123345j:plain

 

 

  

 

すっかり様変わりした寝釈迦仏! 

 

f:id:at_yayoi:20200826122508j:plain

2010年10月。

大きな寝釈迦像が祀られていると、

ワクワクしながらお寺に着きました。

バンコクのお寺に安置されている寝釈迦仏とは

お顔がずいぶんと違うなと思ったのが

第一印象です。

f:id:at_yayoi:20200826122456j:plain

f:id:at_yayoi:20200826122756j:plain

 

人が写っている写真をみるとこの寝釈迦像が

いかに大きいかがわかります。

長さは約43m。

いつ造られたものかはわかりませんが、

お寺ができたころに造られたと

推定されています。

 

現在の寝釈迦仏のお堂の全景です。

f:id:at_yayoi:20200826122928j:plain

 

少し近寄って撮りました。

f:id:at_yayoi:20200826122624j:plain

 

修復されたのは、2532₋2534年

西暦でいうと、1989₋1991年と

書いてあります。

私が訪れた2010年から2020年の間の

修復の記録は残っていない様です。

f:id:at_yayoi:20200826122630j:plain

 

写真の角度も違いますが、

白と金ではだいぶお顔の雰囲気が違います。

f:id:at_yayoi:20200826122809j:plain(2010年10月25日撮影)

 

f:id:at_yayoi:20200826122639j:plain(2020年8月12日撮影)

 

寝釈迦仏の後ろ姿です。

f:id:at_yayoi:20200826122730j:plain(2010年10月25日撮影)

 

f:id:at_yayoi:20200826122646j:plain(2020年8月12日撮影)

 

個人的には以前の白い方がモン族の仏教美術の

特徴を感じますが…

仏教には諸行無常という言葉があるから

(作られたものはすべて瞬時たりとも

 同一のままでありえない)

変わっていくものなのですね...

 

寝釈迦仏の枕には合掌する天人がいました。

f:id:at_yayoi:20200826122854j:plain

 

 

船が安置されている理由は...?

f:id:at_yayoi:20200826122526j:plain

  

2010年のことを今でも覚えているのですが、

寝釈迦仏を見に行って、美しい寝釈迦仏の

お顔に癒され、その後ろにまわってみたら

船が安置してあるのが見えました。

その船を見たとき、なにか胸によぎるものを

感じました。

寝釈迦仏をみられるワクワクと違う

ドキドキです。

ちょっと恐怖を感じたのかもしれません。

 

そこでなぜ船が祀られていたのか、

バンコクのホテルに戻ってから検索してみたら、

船の事故で亡くなったKingRamaⅤの王妃の

悲しい物語があったことがわかりました。

 

船のお堂です。

f:id:at_yayoi:20200826122513j:plain

f:id:at_yayoi:20200826122530j:plain(2010年10月25日撮影)

 

f:id:at_yayoi:20200826122658j:plain

f:id:at_yayoi:20200826122723j:plain(2020年8月12日撮影)

 

たくさんのドレスがありました。

f:id:at_yayoi:20200826122743j:plain

 

船には三色の布がまかれています。

f:id:at_yayoi:20200826122846j:plain

f:id:at_yayoi:20200826122835j:plain

  

実はこのお寺の記事は、2015年に1度、

当時の私のブログに投稿したことがあります。

その記事はもうありませんが、

その際、いろいろ検索していたら

当時の船の事故を物語にしたビデオを

youtubeでみつけたのでみてみました。

 

そのビデオを要約すると、

『事故がおきた当時、モン族がこの付近で

 砂をとっていた。

 そこで事故が起きたにもかかわらず

 当時の王室の法では、一般の人は

 王妃には触れてはいけない、

 触れたものは死刑という法律があり、

 だれも王妃を

 助けることはできなかったようである。

 

 王妃の名前はスナンタクマリーラット王妃。

 亡くなった時は19才。

 泳ぎも船をこぐのもお得意だったようだが、

 当時幼い娘と乳母が一緒にいて、

 ご自身もご懐妊されていたようで

 助かることができなかったという。

 KingRamaⅤはこの王妃をとても愛されていて、

 この後、事故があったときに王族を

 人が助けられるようにと、先の王室の法を

 変えられたそうだ。』

そんな内容でした。

だから船を見た時、ドキドキしたのか...

そう思いました。

 

王室寺院には格付けされていませんが、

王室に関連が深いお寺です。

KingRamaⅤと王妃の像がありました。

向かって左です。

向かって右はKingRamaⅤお一人の像。

f:id:at_yayoi:20200826123311j:plain

 

先ほどの船のお堂は、敷地内の道路に

近いところにありますが、

敷地内を川に向って奥に進むと

王妃のための神社やバンパイン宮殿のお住まいを

模倣して作られた家が川の近くにあります。

 

 

モン族のお寺の歴史は...?!

 

 

このお寺は、もとは

ワット・ターソーン(วัดท่าสอน)という名で、

モン族がこの辺りに避難してきたときに

モン族のリーダーであったプラヤ―ジェン

という人が建てたようです。

トンブリ―に都があったころのことです。

 

お寺は、チャオプラヤー川の付近にあり、

KingRamaⅤの王妃がアユタヤ―に

向っていたときに、その船が事故で

チャオプラヤー川に沈み、ご遺体を

ここに一時的に安置したことから、

ワット・クー(วัดกู้)と呼ばれることに

なりました。

クー(กู้)とは、引き揚げるという意味。

付近の人からはプラ・ナーンルワロム

(พระนางเรือล่ม)

”沈んだ船の王妃”という意味ですが、

そのようにも呼ばれています。

今もなお、船を祀り、毎年5/31に

供養をしているとのことです。

 

地図にはありませんが、仏塔と観音像が

あります。

f:id:at_yayoi:20200826122545j:plain

f:id:at_yayoi:20200826122921j:plainf:id:at_yayoi:20200826123320j:plain

 

また観音像の前には牛がいました。

f:id:at_yayoi:20200826123332j:plain

 

 

礼拝堂の不思議(1)?

f:id:at_yayoi:20200826122450j:plain

  

不思議なことに、地図には

礼拝堂(ウィハーンวิหาร)と

なっていますが、なぜなのか

お寺の中にあった案内によると、

御本堂(布薩堂、ウボーソットอุโบสถ)と

なっているお堂があります。

それがこちらの建物です。

f:id:at_yayoi:20200826122938j:plain

 

実際には結界があるので、御本堂(布薩堂)

だと思います。結界です。

f:id:at_yayoi:20200826122949j:plain

 

この下の部分を帆船のようにそらした

ところに特徴があります。

アユタヤ後期の特徴だそうです。

そして、お堂の前には四角形の柱が3本。

雨水や日よけのための屋根があります。

f:id:at_yayoi:20200826123012j:plain

 

こちらのお堂は外側だけ

修復されているようです。

2010年に訪れた時に撮った写真を見ると

仏塔の後ろにお堂があるのですが、

今回の参拝でこのような建物は

みかけませんでした。

でも写真では後ろの建物の周りには

結界らしきものは見えません。

f:id:at_yayoi:20200826122711j:plain

 

今回訪れた時、別の角度から撮った

仏塔と布薩堂(御本堂)。

布薩堂は周りだけはとてもきれいなので

修復された、つまり上の写真と

同じお堂だと考えられます。

f:id:at_yayoi:20200826122914j:plain

 

お堂の入り口から中を撮りました。

f:id:at_yayoi:20200826123148j:plain

f:id:at_yayoi:20200826123024j:plain

 

御本尊です。

f:id:at_yayoi:20200826123031j:plain

 

寝釈迦仏のお堂が窓から見えます。

f:id:at_yayoi:20200826123107j:plain

 

中はほとんど修復されていないのか、

古い壁画が大部分残っています。

先ほどの案内板によれば

壁画はブッダの過去世の物語、ブッダの一生、

モン族の戦争の様子や仏塔が描かれている

ということですが…

仏塔が見えました。

f:id:at_yayoi:20200826123136j:plain

 

この写真の上の方に見えるのがモン族の

戦争の様子に見えます。

f:id:at_yayoi:20200826123054j:plain

 

馬に乗ったひとがいます。

拡大してみました。

f:id:at_yayoi:20200826123048j:plain

 

ブッダの後ろの扉の上にもモン族が

描かれているように見えます。

f:id:at_yayoi:20200826123124j:plain

 

拡大してみました。

f:id:at_yayoi:20200826123119j:plain

 

御本尊がみていらっしゃる部分の壁画です。

f:id:at_yayoi:20200826123037j:plain

 

 

礼拝堂の不思議(2)??

f:id:at_yayoi:20200826122445j:plain

 

御本堂の前、門から入ってすぐの所には

新しい白いお堂があります。

f:id:at_yayoi:20200826122906j:plain

 

正面から撮りました。

f:id:at_yayoi:20200826123000j:plain

 

階段を上がると小さな仏像が祀られています。

ルワンポーサムレット(หลวงพ่อสำเร็จ)と

書かれています。

f:id:at_yayoi:20200826123155j:plain

 

小さなブッダを前に左手奥にお堂への入り口が

あります。

f:id:at_yayoi:20200826123216j:plain

 

入口を入るとすぐ右手にブッダが

祀られています。

f:id:at_yayoi:20200826123304j:plain

 

中に入って後方へ移動して撮りました。

f:id:at_yayoi:20200826123246j:plain

 

ブッダに近寄って撮りました。

f:id:at_yayoi:20200826123223j:plain

 

外にあった小さな仏像とよく似ています。

あまりみたことのないちょっとかわった

台座に座っていらっしゃいます。

f:id:at_yayoi:20200826123235j:plain

 

先ほどの外に祀られた仏像ですが、

下の写真、黒い表示板と小さな仏像の

台座部分には名前が書いてありましたが、

大きな仏像には名前が書かれていませんでした。

小さな仏像に模してお堂の大きさに見合う

ブッダを造ったのでしょうか...?

f:id:at_yayoi:20200826123202j:plain

 

名前がある仏像はいわれがあると思うのですが、

ケースなどにはいっていることもなく、

ただ外に置かれているという感じです。

ネットで検索もしてみましたがでてきません。

ちょっと疑問です。礼拝堂の不思議(2)は

答えがでません。

 

お堂にはたくさんいすや座椅子が並べられて

いました。

f:id:at_yayoi:20200826123258j:plain

 

そこで礼拝堂の不思議(1)に関しては

結界が置かれている本来の布薩堂は

小さいので、人が集まる説法や儀式は

この新しいお堂でしているのだと

思われます。そこで案内地図上では

この新しいお堂を

ウボーソット(布薩堂)としているのだと

思いました。

 

 

お寺の敷地の中心には立派な僧房!

f:id:at_yayoi:20200826122534j:plain

 

お寺の敷地の中で最も大きく目をひく

建物は、僧房です。

左側の赤い屋根の建物が

ご住職の僧舎で、

大きな木で隠れているところが僧房。

f:id:at_yayoi:20200826123326j:plain

 

ご住職の僧舎を前から撮りました。

f:id:at_yayoi:20200826123621j:plain

 

2階部分には、仏像が外に向かって

祀られています。

f:id:at_yayoi:20200826123628j:plain

 

そしてこちらが僧房。

f:id:at_yayoi:20200826123352j:plain

 

僧房を前から撮りました。

f:id:at_yayoi:20200826123400j:plain

 

逆の角度から撮りました。

横のちょっとだけ赤い屋根が見える建物は

学校です。

f:id:at_yayoi:20200826123602j:plain

 

こちらは10年前に訪れた時に学校を前に

僧房を背景に車の中から撮った写真です。

まだ骨組みだけでした。

f:id:at_yayoi:20200826122821j:plain

 

1階には僧侶のために在家信者が食事を

準備したりする場所がありました。

階段を上がって行くと僧房になっている様です。

f:id:at_yayoi:20200826123609j:plain

 

2階部分を外から撮りました。

f:id:at_yayoi:20200826123615j:plain

 

 

敷地内にある王妃の社(やしろ)! 

f:id:at_yayoi:20200826122539j:plain

 

門を背に、僧舎を通り過ぎ、

川の方に進むと学校や博物館と

称される建物が並びます。

学校です。

f:id:at_yayoi:20200826123406j:plain

 

博物館です。

f:id:at_yayoi:20200826123414j:plain

 

私が訪れた日はどちらも閉まっている

ようでしたが、

博物館の裏手にちょっと目を引くものが…

寄って行くと、ガルーダでした。

f:id:at_yayoi:20200826123421j:plain

 

その隣が、地図上では、ศาลาบำเพ็ญกุศล

(サーラーバムペンクソン

善行を積むための場)となっていますが、

船の事故で亡くなった王妃のための社です。

f:id:at_yayoi:20200826123433j:plain

 

その入り口です。祈っている方が

他のお堂よりもたくさんいらっしゃいました。

f:id:at_yayoi:20200826123444j:plain

 

KingRamaⅤと王妃の像と写真や絵が

祀られています。

f:id:at_yayoi:20200826123451j:plain

f:id:at_yayoi:20200826123457j:plain

 

沈んだ船の王妃のために唱えるお経も

書かれています。

f:id:at_yayoi:20200826123504j:plain

 

 

タイの母の日の読経響く王妃のお住まい! 

f:id:at_yayoi:20200826122550j:plain

 

王妃のやしろの隣には、火葬殿などがあり、

その先の方に白い家が見えてきます。

f:id:at_yayoi:20200826123512j:plain

 

それが、バンパイン宮殿の中にあった王妃の

お住まいを模倣して作られたという家です。

f:id:at_yayoi:20200826123519j:plain

 

入ると左手側にやはりKingRamaⅤと

王妃の像があります。

f:id:at_yayoi:20200826123526j:plain

 

家の裏手が川なので、まわってみました。

つきあたりには

船着場の休憩所を作っているようです。

f:id:at_yayoi:20200826123540j:plain

 

ちょうど母の日で読経が行われていて、

たくさんの人がいました。

f:id:at_yayoi:20200826123533j:plain

 

船着場まで人がぎっしり。

読経の声が響いていました。

f:id:at_yayoi:20200826123548j:plain

 

川が満ちてくる時間になるとお堂は川の中に

浮いたようにみえて、よりきれいだと

思います。

f:id:at_yayoi:20200826123555j:plain

 

読経の声を背に、門の方へ戻って行き、

今回の参拝は終わりです。

 

 

<ワット・クー>

 

f:id:at_yayoi:20200826141240j:plain

 

正式名称 วัดกู้

 

所在地  57 หมู่ที่ 5 ซอย สุขาประชาสรรค์ 2 ตำบลบางพูด

                    อำเภอปากเกร็ด นนทบุรี 11120

     57 Muuthii 5 Sukkhaprachasan 2

     Bang Phut Sub-district

     Pak Kret District Nonthaburi 11120

 

 

数年前に調べたことなので、

今回検索しなおしましたが

内容は大きく変わっていません。

お寺にあったパンフレットなどを参考に

書きました。

 

お読みいただきありがとうございました。

@yayoi