タイのお寺に魅せられて  ~タイ百寺巡礼ログ+アジアのお寺~

タイのお寺が好きな@yayoiです。アジア駐在歴通算16年目。タイで大きく人生が変わりました。タイを起点にアジアのお寺や仏像を研究中!

タイ国77県全県のお寺を参拝するためのMap

f:id:at_yayoi:20210417180055j:plain

タイ国77県地方別索引 

 サワディーカー。

@yayoiです。

 

ここ数年、バンコクのBTSスカイトレイン、地下鉄MRTが

どんどん延線したこと、ネットで情報が得やすくなったことで、

私もバンコク、トンブリーから離れて近隣の県にあるお寺に

足を延ばしたり、飛行機などを使って

地方のお寺に行く機会も増やしています。

 

私は、行きたいお寺の場所をわかりやすいように

GoogleMapに緑の旗をたて、参拝したら

黄色の星に変えていて、今はまだ緑多いこのMapが

緑より黄色に見えるようになるまで、

そしてタイ国77県全県のお寺を

歩き続けて発信して行こうと思っています。

(ハートは行ってみたいカフェです)

f:id:at_yayoi:20210417180103p:plain

 

巡礼ログはまだやっと40を超えたばかりですが、

タイの地方の位置関係はわかりにくいので

地図とともに私が書いた記事の

地方別の索引を作ることにしました。

 

そこで、まずはタイの地方というものをいくつかに

分けてみようと考えました。

 

 

 

 

タイを地方に分ける方法

 

タイには現在、77の県があり、

(バンコクを都の扱いにすると、1都76県とも言えますが)

それらを日本式に関東地方、東北地方などはっきり

分けようと、いざその分け方を検索すると

意外にも統一されていないように思います。

 

まずは日本語で検索したのですが、

タイ国政府観光庁のウェブサイトによる分け方は、

北部17県

東北部20県

東部9県

中部16県+バンコク

南部14県

5つの地方に分けています。

f:id:at_yayoi:20210417180037j:plain

 

(タイ国政府観光庁のウェブサイトからお借りしました。)

 

次にタイ百科事典のウェブ版(タイ語)を見たところでは、

5つに分かれていますが、地図が古いしそれぞれの

地方ごとの詳しい県名は記載されていませんでした。

f:id:at_yayoi:20210417180050j:plain

(地図はサイトよりお借りしました。)

 

一方、sitegoogleの分け方は、下記の6つに分ける方法。

北部 9 県

東北部 20県

中部 21県+バンコク

(バンコクは県とは扱わない)

東部 7県

西部 5県

南部 14県

sites.google.com

 

またタイ語版ウィキペディアのタイの地方という項目によると

タイでは経済発展や気象、電話番号、郵便番号などその

分野によって違う分け方をするようです。

th.wikipedia.org

 

他にも書籍『タイの事典(同朋舎)』などを探してみましたが、

結論としては、タイでは日本の様に統一した区分けはないよう

であると判断し、このタイ百寺巡礼サイトでは、

タイ国政府観光庁のウェブサイトによる5つに分ける

分け方を引用することにしました。

下記の様に大きく5つに分けます。

 

北部17県

東北部20県

東部9県

中部16県+バンコク

南部14県

 

 

5つの地方を9つに分類

 

もともとタイを地方に分けた目的は、

このタイ百寺巡礼サイトの記事を見やすくするための

地方別の索引を作ることなので、

上記の分け方だと、数にばらつきがあるような気がします。

 

そこで、少し手を加えることにし、

東部以外の10県以上ある地方を

それぞれ南北2つに分けてみたら…

ちょうどよく、タイ人の好む数の9の

9つに分けることができました!

 

地方別に濃淡をつけながら色分けしてみました。

f:id:at_yayoi:20210417180034j:plain

 

北部 全17県 

北側8県 (ブルー)

南側9県 (アクア)

 

東北部 全20県 

北側10県 (ブラウン) 

南側10県 (オレンジ)

 

東部 全9県 (黄色)

 

中部 全17県

北側8県 (パープル)

南側+バンコク計9県 (ピンク) 

 

南部 全14県

北側7県(濃緑)

南側7県 (薄緑)

 

このページからリンクできるように

まずは、バンコクを含む中部(南側)から着手して、

行ったことのある地域を優先的に

少しずつ加えていきます。

 

それぞれのページには、索引のほかに

その地区の特徴をもつ

” 市の柱  ”

市の門 (アーチ)

道路標識や街灯、歩道橋など

私が撮りためたタイを感じる写真をのせて、

少しずつ更新して、リンクをはっていきますので

アクセスしてみてください!

 

お読みいただきありがとうございました。

@yayoi