タイのお寺に魅せられて  ~タイ百寺巡礼ログ+アジアのお寺~

タイのお寺が好きな@yayoiです。アジア駐在歴通算16年目。タイで大きく人生が変わりました。タイを起点にアジアのお寺や仏像を研究中!

41番 ヤワラートにひっそりと建つ静かなお寺

f:id:at_yayoi:20210310221324j:plain

ワット・サムパンタウォン バンコク

 

サワディーカー。

@yayoiです。

 

バンコクにあるヤワラート(เยาวราช)通りと

いえば、中華系のお店が集まっている場所で、

興味深い場所ではありましたが、

かつては今の様にMRTが通っていなかったため

不便な場所という印象でした。

 

私が初めてここを訪れた時は、MRTがなく、

タクシーを利用したら、ドライバーが

このお寺を知らず、代わりに

ワット・トライミットに行かないかと

いわれたほどです。

結局、ヤワラート通りで降りて、歩いて

探しました。

 

そんな今回のお寺は、つい見逃してしまいそうな

目立たないお寺かもしれませんが、

王室寺院に格付けされているお寺です。

 

 

  

 

 

お寺の歴史を探る

 

ヤワラート通りから路地に入ります。

路地の名前は、ソンサワット通り。

f:id:at_yayoi:20210310220034j:plain

 

路地の入り口の上にはお寺の名前を記した

アーチがあります。

f:id:at_yayoi:20210310221524j:plain

 

アーチをくぐってちょっと行くと右側に白い塀。

f:id:at_yayoi:20210310220047j:plain

 

手前にある門は閉まっているので、通過します。

f:id:at_yayoi:20210310221159j:plain

f:id:at_yayoi:20210310221240j:plain

 

通り過ぎるとお寺の出入口が見えてきます。

f:id:at_yayoi:20210310221225j:plain

f:id:at_yayoi:20210310220103j:plain

  

このお寺は、だれが建てたかはわからないものの

アユタヤが都であった時代から古いお寺として、

存在していたお寺です。

 

以前は周囲にお堀の様に運河があり、それが

チャオプラヤー川につながると

信じられていました。

島の様になっていたので、お寺は、もともと

ワット・ゴ(วัดเกาะ)と呼ばれていました。

ゴとは島のことです。

 

確かに現在のGoogleMapで見ても、お寺を

囲むように道路があります。

道路部分が運河であった昔は、島のように

見えたことでしょう。

f:id:at_yayoi:20210310215149j:plain

 

そして、バンコクではよくあるのですが、

もとは広さのあったお寺でも、

人々や街の発展のために移転したり、

お寺の敷地を道路や橋などに譲っている場合が

意外に多く、このお寺もそんなお寺の一つのようで、

現在、周囲にはいろいろな店などもあり、

お寺自体の敷地はさほど大きくはありません。

 

バンコクを都としたKingRamaⅠは仏教を援助し、

発展させようと、たくさんのお寺の修復を王族に

勅命しました。

ワット・ゴも1776年に建て替えられ、

王室寺院としてお寺の名も

ワット・ゴゲーウランカーラーム

(วัดเกาะแก้วลังการาม)となりました。

 

修復に尽力されたのは、サムパンタウォン王子

だそうで、KingRamaⅣの治世下で、

この王子に敬意を表してお寺の名前を

ワット・サムパンタウォンサーラーム

ウォラウィハーンと変更しました。

 

チャオプラヤー川沿いに船着場があり、

僧侶へ僧衣を奉納する行事の際に

KingRamaⅤが御座船でお出ましになり、ここと

川に近いワット・パトゥムコンカーにて僧衣を

奉納されたこともあるそうです。

 

 

御本堂のまわりを歩く

 

簡単に伽藍配置図を作ってみました。

f:id:at_yayoi:20210310215144j:plain

 

この配置図のうち、①の建物と僧房、

②は事務所、③は遺骨が安置されている棚

となっていて、外部の人が入る場所では

なさそうです。

そこで、今回、歩くのは御本堂とその周辺、

及び博物館になります。

 

門から入ると正面に御本堂が見えます。

十字型の御本堂ですが、ここからだと

御本堂の後ろに別のお堂があるようにも見えます。

f:id:at_yayoi:20210310221253j:plain

 

御本堂までの通路は高い木と緑で囲まれています。

f:id:at_yayoi:20210310224522j:plain

f:id:at_yayoi:20210310221105j:plain

 

右手側には博物館と称する建物が見えてきます。

f:id:at_yayoi:20210310221306j:plain

 

左手側には大きな建物(地図上の②)がありますが、

ここはいつも閉まっています。

f:id:at_yayoi:20210310221432j:plain

f:id:at_yayoi:20210310220125j:plain

 

御本堂の前あたりまで来ると左手には大きな

菩提樹がそびえていて、そこを左に曲がると

奥に駐車場があります。

駐車場の先には学校(地図上の④)も見えます。

f:id:at_yayoi:20210310220436j:plain

 

駐車場の方から菩提樹を撮りました。

f:id:at_yayoi:20210310221350j:plain

 

菩提樹の前に、御本堂を囲む塀と門があり、

門はいつも解放されていますが、

きちんと紋章がついています。

 

f:id:at_yayoi:20210310220241j:plain

f:id:at_yayoi:20210310215812j:plain

 

また、塀に見えるこの場所の内側には、

御本堂が見えるように納骨されているようです。

f:id:at_yayoi:20210310220426j:plain

 

そこを入ると、御本堂のまわりに見えるのは

鐘楼、鼓楼とサーラーです。

御本堂を前に向って右側にあるのが鐘楼です。

f:id:at_yayoi:20210310220143j:plain

 

下にはブッダと高僧の像が祀られています。

f:id:at_yayoi:20210310220215j:plain

 

鐘楼の先にはサーラ―があり、その中は

倉庫の様になっていて仏像がみえます。

f:id:at_yayoi:20210310220540j:plain

f:id:at_yayoi:20210310220547j:plain

 

その前にいらっしゃるのは大地の女神トラニー。

f:id:at_yayoi:20210310220531j:plain

 

その横にはこちらも僧房の一部でしょうか…

建物があります。(地図上の①)

f:id:at_yayoi:20210310220524j:plain

 

一方、左手側にあるのは鼓楼です。

f:id:at_yayoi:20210310220150j:plain

 

下にはブッダなどが祀られています。

f:id:at_yayoi:20210310220254j:plain

 

鼓楼の前から御本堂を見上げてみました。

f:id:at_yayoi:20210310220306j:plain

 

鼓楼の先には、サーラ―の下に観音様が

祀られています。

f:id:at_yayoi:20210310220335j:plain

 

その隣にも小さなサーラ―があります。

f:id:at_yayoi:20210310220347j:plain

 

中には仏足石と仏像が祀られています。

f:id:at_yayoi:20210310220400j:plain

f:id:at_yayoi:20210310220415j:plain

 

御本堂の裏手は、

遺骨が安置されている棚のようになっていて、

透明になっている扉の向こうには

ベンジャロンの骨壺が見えました。

f:id:at_yayoi:20210310220508j:plain

 

 

御本堂を眺める

 

このお寺の御本堂は、王室寺院に建てられる

十字型のプラサートと呼ばれるお堂です。

屋根の中心には尖塔があります。

 

階段を上がったところに入り口があり、

その層から上が、2階建ての御本堂です。

f:id:at_yayoi:20210310215506j:plain

 

階段下の土台部分は、閉まっています。

f:id:at_yayoi:20210310220321j:plain

 

いろいろな角度から眺めてみようと思います。

まずは、正面からの御本堂の2階部分です。

f:id:at_yayoi:20210310220136j:plain

 

この屋根の三角部分の破風には国王が

署名したものが収められているそうです。

f:id:at_yayoi:20210310220159j:plain

 

鐘楼の前から御本堂を見上げると

十字型御本堂の右側部分が見えます。

f:id:at_yayoi:20210310220226j:plain

 

鼓楼の近くから見上げてみました。

f:id:at_yayoi:20210310220459j:plain

 

学校の方から眺める御本堂です。

f:id:at_yayoi:20210310221338j:plain

 

御本堂の裏側の様子です。

下から見上げるようにして撮りました。

f:id:at_yayoi:20210310220444j:plain

 

ところで御本堂に結界が見当たりません…

実は私がこのお寺を初めて参拝したのは、

2018年の11月ですが、2年たった今でもなぜ

チョーファーと呼ばれる屋根飾りがないのかと

不思議に思っていました。

 

そこで、駐車などのお世話をなさっている

係員の方に伺ったところ、結界はできていない

そうです。

観音様のサーラーの脇に、まだ球状のまま

あるのを見せてくださいました。

f:id:at_yayoi:20210310215820j:plain

 

儀式をして結界をはって、最後にチョーファーを

つけるのが一般的だそうです。それで

結界をはっていなければ、お堂にチョーファーも

ないお寺があることが最近わかってきました。

(チョーファーを先につけているお寺も

 あります。)

空に向かってついているチョーファーという

飾りのない、御本堂の屋根部分です。

f:id:at_yayoi:20210310221405j:plain

 

 

御本堂1階部分を参拝する

 

御本堂の1階部分は、1階部分とはいっても

階段の上に出入口があります。

ちょうど人が入って行こうとしている

ところを撮りました。

f:id:at_yayoi:20210310215514j:plain

 

この層はポーチの様になっていて、

そこに向って左に、タークシン王の像。

f:id:at_yayoi:20210310215530j:plain

 

ナレースワン王の立像。

f:id:at_yayoi:20210310215557j:plain

 

向かって右手側にはナレースワン王の座像。

f:id:at_yayoi:20210310215626j:plain

 

そして、1番右側にはKingRamaⅠの像。

f:id:at_yayoi:20210310215650j:plain

 

以上の4つの像があります。そして

それぞれの像の後方と中央のあわせて

5つの扉があります。

 

通常は閉まっていることが多い1階ですが

奥の方に仏像が祀られています。

f:id:at_yayoi:20210310220610j:plain

 

扉の脇に御本堂2階に上がる階段があります。

f:id:at_yayoi:20210310220619j:plain

 

階段を上がると、2階には扉が

3か所にあります。

f:id:at_yayoi:20210310220635j:plain

 

向かって1番右の扉は押せば開くように

なっています。

f:id:at_yayoi:20210310220627j:plain

 

ここから入ります。

 

 

いよいよ御本尊を参拝する

 

さて、扉を開けて御本堂に入ると

とても大きいことがわかります。

f:id:at_yayoi:20210310220838j:plain

 

御本尊ははるかかなたにいらっしゃいますので、

近寄って行きます。

左右に窓がたくさんあり、すべて開かれて

いて、天井が高いので明るいです。

f:id:at_yayoi:20210312113134j:plain

f:id:at_yayoi:20210310220852j:plain

 

そして窓のところには結界のように置かれて

いるものがあります。

f:id:at_yayoi:20210310221045j:plain

f:id:at_yayoi:20210310221058j:plain

 

天井が高くおごそかな雰囲気があります。

f:id:at_yayoi:20210310215706j:plain

 

天井部分です。

f:id:at_yayoi:20210310220917j:plain

 

だいぶ御本尊に近寄ってきました。

f:id:at_yayoi:20210310220931j:plain

 

十字型のお堂の真ん中あたりまで来ました。

f:id:at_yayoi:20210310220904j:plain

 

御本尊に近寄って撮りました。

f:id:at_yayoi:20210310220943j:plain

 

御本尊を斜めの角度から撮りました。

f:id:at_yayoi:20210310220950j:plain

 

御本尊の後ろに尖塔に上がって行く

階段が見えます。

f:id:at_yayoi:20210310220958j:plain

 

御本尊を後方から撮りました。

f:id:at_yayoi:20210310221006j:plain

 

逆の角度からも撮りました。

f:id:at_yayoi:20210310221014j:plain

 

御本尊がご覧になっている出入口の様子です。

参拝を終えたら出入口の方に向かいます。

f:id:at_yayoi:20210310221027j:plain

 

外に出たら、また扉を軽く閉めておきましょう。

f:id:at_yayoi:20210310220825j:plain

 

扉の前の床の模様がきれいです。

このままお堂の周りを1周してみましたが、

つい、お堂を反時計回りにまわって

しまいました。

f:id:at_yayoi:20210310215723j:plain

 

ひさしや窓枠などが美しいです。

f:id:at_yayoi:20210310215741j:plain

f:id:at_yayoi:20210310220648j:plain

 

御本堂の裏側、つまり西向きのところを通過し…

f:id:at_yayoi:20210310220700j:plain

 

南側にでます。

f:id:at_yayoi:20210310220715j:plain

 

ここには何か黒いものが建っています。

f:id:at_yayoi:20210310220726j:plain

 

エレベーターが設置されていました。

高齢化に備えてか、御本堂が2階にある場合は

エレベーターを設置されているのを

見かけることが増えました。

f:id:at_yayoi:20210310220739j:plain

 

エレベーターの前を通り過ぎ、お堂を左手に

見ながら進みます。

f:id:at_yayoi:20210310220752j:plain

 

御本堂の前に戻りました。

f:id:at_yayoi:20210310220806j:plain

 

階段で、王様の像が祀られている

ところまで降りて行きます。

f:id:at_yayoi:20210310220817j:plain

 

降りるとポーチ部分から

右手側には鼓楼が見えます。

f:id:at_yayoi:20210310215803j:plain

 

左手側には鐘楼やその後方に黄色い僧房など

が見えます。

f:id:at_yayoi:20210310215755j:plain

 

王様方の像が眺めていらっしゃる風景です。

入口から入って、歩いてきた通路を真ん中に

左右に緑の木がたくさん見えます。

f:id:at_yayoi:20210310220604j:plain

 

階段を降りて、左手の博物館に向かいます。

 

 

博物館と建設中のサーラーで参拝

 

出入口の方に向かって歩いていくと、左手側に

僧房や博物館がある一角が見えてきます。

f:id:at_yayoi:20210310220114j:plain

 

ここを入って行きます。

f:id:at_yayoi:20210310215456j:plain

 

目の前に作りかけの建物、左手に黄色い建物が

見えます。

f:id:at_yayoi:20210310215831j:plain

 

2018年にはまだ白い色をしていました。

f:id:at_yayoi:20210310221445j:plain

 

この黄色い建物は僧房です。

f:id:at_yayoi:20210310220054j:plain

 

博物館側の壁に僧房によく見られる水牛の角が

かかっていました。

f:id:at_yayoi:20210310220019j:plain

 

その前のサーラーの上には少しずつ何かを

作っているようです。

f:id:at_yayoi:20210310221113j:plain

(2020-11-30撮影)

 

f:id:at_yayoi:20210310215933j:plain

(2021-11-30撮影)

 

実はここに以前、大きな木がありました。

f:id:at_yayoi:20210310221510j:plain

(2018-11-26撮影)

  

そして、新しく建てられているサーラーの

外壁にはガネーシャがいらっしゃいました。

f:id:at_yayoi:20210310215911j:plain

f:id:at_yayoi:20210310215919j:plain

 

僧房とこれから行く博物館の間には、

ナーガとその下に洞窟がほぼ完成していました。

f:id:at_yayoi:20210310215849j:plain

 

洞窟の中にはブッダが祀られています。

f:id:at_yayoi:20210310215904j:plain

f:id:at_yayoi:20210310215856j:plain

 

そして、その横のタイ式家屋のような建物に

博物館という名称がついています。

f:id:at_yayoi:20210310215837j:plain

  

2階が博物館なので、上がって行きます。

f:id:at_yayoi:20210310221458j:plain

 

上がって行って、右手側の様子です。

f:id:at_yayoi:20210310221142j:plain

 

正面の様子です。

f:id:at_yayoi:20210310221127j:plain

 

正面の向かって左の方にはガネーシャ。

f:id:at_yayoi:20210310221135j:plain

 

右手側にいるちょっと変わった像は、

プラ・ブアゲーウブアケム( พระบัวแหก้วบัวเข็ม)

だそうです。

f:id:at_yayoi:20210310220026j:plain

 

その奥にあるのが博物館だと思いますが、

閉まっていて中には入れませんでした。

窓ガラスを通して撮りました。

f:id:at_yayoi:20210310215940j:plain

f:id:at_yayoi:20210310221611j:plain

 

興味深い壁画が見えるので、いつか再訪して

ゆっくり眺めたいと思います。

f:id:at_yayoi:20210310220005j:plain

 

下に降りて行くとサーラーに、休憩できる

椅子があるので、今回の参拝は終了致します。

約1時間とちょっとの参拝でした。

f:id:at_yayoi:20210310221149j:plain

 

 

<ワット・サムパンタウォン>

 

f:id:at_yayoi:20210310221211j:plain

 

 正式名称 วัดสัมพันธวงศารามวรวิหาร

      ワット・サムパンタウォン

      サーラームウォラウィハーン

 タイ王室寺院第3級に格付けされています。

 

所在地 ถนน ทรงสวัสดิ์ แขวง สัมพันธวงศ์

               เขตสัมพันธวงศ์ กรุงเทพมหานคร 10100

 

               Song Sawat Rd, Samphanthawong,

               Bangkok 10100

 

 

 

今回の記事は、dhammathai.orgのサイトや

案内表示板を参考にして書きました。

お読みいただきありがとうございました。

@yayoi