タイのお寺に魅せられて  ~タイ百寺巡礼ログ~

タイのお寺が好きな@yayoiです。アジア駐在歴通算17年。タイで大きく人生が変わりました。タイを起点にアジアのお寺や仏像を研究中!

47番 ホテルの部屋からも見える大きな仏塔があるお寺(後編)

ワット・プラタートノーンブア 

ウボンラーチャタニー県

 

サワディーカー。

@yayoiです。

 

このお寺は、ウボンラーチャタニー県に

ある、中に仏舎利塔を安置する

インドのブッダガヤースタイルの

大仏塔があるお寺です。

 

前編ではまず大仏塔周辺を歩きました。

(配置図のオレンジ部分以外)

ナーガ、サーラー、布薩堂と参拝し、

今回の後編では、いよいよ大仏塔

(配置図のオレンジ部分)を

ゆっくりと参拝しようと

思います。

 

前編はこちらです。

www.yayoi-thainootera.net

 

 

 

 

大仏塔が建てられた理由とお寺の歴史

 

このお寺は、1955年に

ウボンラーチャタニー県出身の

元農業大臣フォーン氏によって建てられた

お寺です。

 

フォーン氏は内部反逆の申し立てにより

刑務所に入っていた時に、

土地を譲るか売るかしてほしいと

いう話がでて、刑務所内にいる時でも

信仰があつかったフォーン氏は、

お寺のために喜んで土地を寄付された

そうです。

 

僧侶たちが無我になるための場として

建てたお寺ですが、

ここに仏教の誕生2500年を記念して

建てられたのが、

ブッダが悟りを開いた地である

ブッダガヤーの仏塔を模倣した

大きな仏塔でした。

1957年のことです。

高僧によって仏舎利が招来されたようです。

 

この大仏塔を中心に四方に、

合掌する天人が施された

小さい仏塔が建てられていて、

大小合わせて5つの仏塔は、美しい

装飾のある塀に囲まれています。

 

 

大仏塔の壁面を眺める

 

大仏塔は外から見ると、

各層ごとにいろいろなものが

描かれていることがわかります。

 

大きく層をわけてみました。

 

それぞれを見ていきます。

まずは一番上の先端部分です。

 

ここからは下から順にみていきます。

土台部分です。

この層は悪魔(仏教でいうところの)が

仏塔を持ち上げています。

そして四隅にはガルーダがいます。

 

下から第1層目には一方向につき、

8人の弟子と四隅にはナーガがいます。

 

第2層目にはジャータカ物語が

一方向につき、

10枚ずつ描かれています。

 

次の第3層目には台座の上に座る神々。

私が撮った写真を拡大してみました。

 

第4層とした部分は大仏塔の壁面の

大部分をしめる白いところですが、

ここには4段ごとに中央に法輪が描かれ、

いろいろな形態のブッダが描かれています。

 

周囲をながめたので、いよいよ

大仏塔の中に入ります。

 

 

大仏塔の中を歩く

 

入るとすぐ目に入る中の様子です。

 

扉から入って撮った扉の周囲の様子です。

 

中央に安置された仏舎利塔の

四方に仏像が安置されています。

 

中央には金色に輝く仏舎利塔です。

この仏塔の壁面の四角の中には

ブッダの500の前世の物語が

描かれていて、ハスの花びらで

各々が仕切られているそうです。

 

仏舎利塔の先端部分と大仏塔の天井部分です。

 

扉の近くに細長い梯子がありました。

 

梯子を登っていきたい気分を

抑えるためにも、ここで今回の参拝は

終わりにして外に出ます。

 

もう1度大仏塔を見上げてみます。

 

 

部屋の窓から仏塔を眺める

 

このお寺は、東北部お寺巡りの

初日の最後に参拝したのですが、

初日を終えてホテルの部屋に落着き

窓からはどんな景色が見えるのかと

カーテンを開けたところ、

遠目に仏塔らしきものが

ぼんやりと見えました。

 

拡大して撮ってみたら、帰る前に

参拝してきた今回のお寺の大仏塔に

間違いないようです。

 

初めてのウボンラーチャタニー県で

土地勘がないので、GoogleMapで

確認してみたところ、ホテルからは

近いところにあることがわかりました。

 

スニーグランドホテル(地図の右下)

というところに宿泊したのですが、

毎晩帰れば窓から大仏塔が見えると

思うと、部屋に帰るのも

楽しみになります。

 

 

<ワット・プラタートノーンブア>

 

正式名称  วัดพระธาตุหนองบัว

    ワット・プラタートノーンブア

 

所在地  ธรรมวิถี ตำบล ในเมือง

     อำเภอเมืองอุบลราชธานี

     อุบลราชธานี 34000

     Mueang Ubon

     Ratchathani District,

     Ubon Ratchathani 34000

 

 

今回の記事は下記のサイト

esan information@ubon rachathani

を参考にして書きました。

 

お読みいただきありがとうございました。

@yayoi