タイのお寺に魅せられて~アジア百寺巡礼ログ~

タイのお寺が好きな@yayoiです。アジア駐在歴通算16年目。タイで大きく人生が変わりました。タイを起点にアジアのお寺や仏像を研究中!

13番 黄金の山というより、黄金の冠が乗った山は大人気のお寺(1)

f:id:at_yayoi:20190304141418j:plain

 ワット・サケート タイ

 

サワディーカー。

@yayoiです。

 

タイ人は、新年には9寺巡りをすることもあるようです。

私も2009年、2011年の2回、友人に連れられて9か所巡りを

しました。

お寺だけでなく神社にも寄ったりして、ある神社が私の中で

バンコクのベストの場所になりました。

このブログは、私のお寺巡りの記録ですが、そんな私の思い入れ

のある神社もいつか載せていきたいと思っています。

 

そして、このお寺は新年の9寺巡りの際、2009年に初めて

訪れたお寺ですが、9寺巡りの時は本堂には行かず、

黄金の山Golden Mountainといわれる山の頂上にある

仏舎利塔だけを参拝しました。

そこで今回は本堂や他の礼拝堂なども合わせて参拝しました。

結構見所がたくさんあります!

もちろん、最後のハイライトは頂上の仏舎利塔です。

そして、このお寺はワット・サケートというより、

ワット・プーカウトーンと呼ばれることが多いです。

プーカウトーンとは黄金の山という意味です。

 

このカバー写真は2012年にラッタナコーシン展示場に行った時に

その窓から撮影したものです。

窓ガラスに映りこんだ影があるのはそのためです。

 

 

 

今回は長くなるので、二部構成にしてみました。

(1)では本堂、本堂の隣にある菩提樹広場、そして本堂と

黄金の山の間にある礼拝堂について、(2)では黄金の山につ

いてそれぞれ書いていこうと思います。

 

 

 

 

お寺の名前の由来は“王の散髪”!

 

 

タイのお寺について書かれた最も有名なサイトは、タンマタイ

(ธรรมะไทยタイ仏法の意味)というサイトの様ですが、この

サイトでワット・サケートの歴史を探ってみました。

 

このお寺が建てられたのはアユタヤ時代で、元の名は

ワット・サゲ―(วัดสะแก)といって、マハナーク運河沿いの

パンファーリラ―ト橋の近くに建てられました。

KingRama Ⅰが修復されて、まわりに運河を作り、お寺の名前を

ワット・サケート(วัดสระเกศ)と改名されました。

サケート(สระเกศ)とは“髪を洗う”ということで、“王様の散髪の

お寺”です。

 

かつて都があったトンブリーで、KingRama Ⅰがカンボジアに

挙兵して戻って来た時、混乱を鎮圧されて、水浴びの儀式を

され、王位につかれたお寺です。1782年のことです。

混乱を鎮圧されたとありますが、この時期、トンブリーでは

トンブリー朝の唯一の王といわれるタークシン王に対して、

反タークシン王へのクーデタが勃発していたのです。

 

余談ですが、タイには77の県がありますが、東北部にあるシー

サケート県という県の名前のサケート(สระเกษ)もこのお寺と

同じように散髪の意味があるそうですが、タイ語の綴りが若干

違うのは、散髪された方がクメールのお姫様だったから、

ちょっとクメールの言葉の影響があるのかもしれませんね…

 

 

まずは菩提樹参拝と御本堂から!

 

 

ジャカラパットポン通りから、この標識のある細い道を

入ります。

f:id:at_yayoi:20190304133138j:plain

 

こんな狭い通りです。

f:id:at_yayoi:20190304133139j:plain

 

 

通りの方から入ると、右手にすぐ、黄色い布を巻いた菩提樹が

祀られている公園のような敷地があります。

f:id:at_yayoi:20190304133140j:plain

 

その前にお寺の全体図があります。

f:id:at_yayoi:20190304133141j:plain

 

英語ではLanka Bodhi Tree Court と表示された、この公園の

ような敷地は “菩提樹広場”。

お掃除の方が入れてくださったのですが、週末しか開けて

いないとのことです。

 

写真におさまらないくらいの大きな菩提樹がありました!

樹齢200年以上で歴史のある菩提樹とのこと。

入口の方から撮りました。

f:id:at_yayoi:20190304133142j:plain

 

木の正面から撮りました。

f:id:at_yayoi:20190304133143j:plain

 

菩提樹の下にブッダが、また木の前にはお坊さんがいらっしゃ

います。このお坊さんに関する資料をネット上で探しましたが

発見できませんでした。

f:id:at_yayoi:20190304133144j:plain

 

ブッダと、巻かれた布にズームして撮りました。

f:id:at_yayoi:20190304133146j:plain

 

インドネシアでみかけた形の仏塔や指さすブッダ。

f:id:at_yayoi:20190304133145j:plain

 

ここを後にして、いよいよワット・サケートの中に入ります。

小さな白いアーチ状の屋根のあるところが入り口です。

f:id:at_yayoi:20190304133147j:plain

 

まっすぐに進みます。

f:id:at_yayoi:20190304133148j:plain

 

御本堂(พระอุโบสถ プラウボーソット)と書かれた表示が

上にあります。

f:id:at_yayoi:20190304133149j:plain

  

表示をくぐってでると御本堂の横の部分が見えてきます。

f:id:at_yayoi:20190304145945j:plain

 

くぐったところは回廊です。

右手側を向くと...

f:id:at_yayoi:20190304133150j:plain

 

左手側を向いても...

f:id:at_yayoi:20190304133151j:plain

 

御本堂の周りは回廊が一周していて、そこには163躰の仏像が

安置されているのです。

f:id:at_yayoi:20190304133152j:plain

 

f:id:at_yayoi:20190304133154j:plain

 

いよいよ、御本堂全体です。

f:id:at_yayoi:20190304133153j:plain

 

御本堂の正面です。

f:id:at_yayoi:20190304133155j:plain

 

正面をズームして撮りました。

f:id:at_yayoi:20190304133157j:plain

 

屋根飾りを撮りました。ガルーダがいます。

f:id:at_yayoi:20190304133156j:plain

 

御本堂の入り口です。

f:id:at_yayoi:20190304133158j:plain

 

こちらが、このお寺ワット・サケートの御本尊です。

瞑想するブッダで、アユタヤ時代のものと特徴が似ているよう

です。

f:id:at_yayoi:20190304133200j:plain

 

ズームして撮りました。

f:id:at_yayoi:20190304133201j:plain

 

金色の御本尊とお坊さんのオレンジの衣がきれいです。

f:id:at_yayoi:20190304133159j:plain

 

お坊さんが外にお出になったので御本尊に近寄って行きました。

f:id:at_yayoi:20190304133205j:plain

 

真横から撮ったものです。

f:id:at_yayoi:20190304133204j:plain

 

やや斜め後ろからみるお姿です。

f:id:at_yayoi:20190304133203j:plain

 

台座の部分を斜め後ろから撮ると、祈る弟子の姿が見えます。

f:id:at_yayoi:20190304133202j:plain

 

この御本堂はKingRama Ⅰの時に建てられ、壁画はKingRamaⅢ

の時に描かれたそうですが、破損した部分、たとえば本生譚の

十回目の転生、悪への誘惑、三界などがKingRamaⅦの時代に

描かれたとのことです。

 

御本尊の後ろにある壁画です。

f:id:at_yayoi:20190304133207j:plain

 

御本尊の正面の壁画の一部です。

ブッダの修行を邪魔するものたちを、髪を振り絞って大洪水を

起す、大地の女神トラニーが描かれています。

f:id:at_yayoi:20190304133206j:plain

 

御本堂を出ると、前方に黄金の山が見えてきます。

その前にその左に見える礼拝堂に立ち寄ります。

f:id:at_yayoi:20190304133208j:plain

 

 

礼拝堂には大きなブッダの立像!

 

  

上には“黄金の山(ภูเขาทอง  プカウトーン)と矢印が

付いていますが、目の前に見えるのは礼拝堂。

f:id:at_yayoi:20190304133209j:plain

 

こちらがその礼拝堂の正面です。

f:id:at_yayoi:20190304133210j:plain

 

入口から中が垣間見える瞬間がいつもワクワクします。

f:id:at_yayoi:20190304133211j:plain

 

入口の方から撮った全体像です。

ちょうどお坊さんがいらして大きさがわかります。

f:id:at_yayoi:20190304133212j:plain

 

下から見上げるようにして撮りました。

f:id:at_yayoi:20190304133213j:plain

 

真横から撮りました。

f:id:at_yayoi:20190304133214j:plain

 

このブッダの後ろにあるドアを出るとそこにも仏像が祀られて

います。この横にある赤い梯子を使って、立像のお掃除を

するのでしょうか...?

f:id:at_yayoi:20190304133215j:plain

 

再び、立像の祀れている部屋にもどって、反対側の真横から

撮影したものです。

f:id:at_yayoi:20190304133216j:plain

 

立像の台座部分です。

f:id:at_yayoi:20190304133217j:plain

 

お顔にズームして撮りました。優しいお顔立ちのブッダです。

f:id:at_yayoi:20190304133219j:plain

 

礼拝堂をでて黄金の山に向かう途中で振り返って撮った

礼拝堂です。

f:id:at_yayoi:20190304133220j:plain

 

GoogleMap上では、右側のPhra Sri Maha Pho (Pho Lanka)が

初めに行った菩提樹広場、三重の四角で囲まれた仏教寺院の

表示部分が御本尊のいらした御本堂、そして立像のある

礼拝堂にはWednesday Buddha Templeと書かれていますね。

f:id:at_yayoi:20190304133218j:plain

 

さて、カタカナでワット・サケートと書かれている部分、

ついに黄金の山に登ります。

f:id:at_yayoi:20190304133221j:plain

f:id:at_yayoi:20190304133222j:plain

 

 

(2)に続きます。