タイのお寺に魅せられて~アジア百寺巡礼ログ~

タイのお寺が好きな@yayoiです。アジア駐在歴通算16年目。タイで大きく人生が変わりました。タイを起点にアジアのお寺や仏像を研究中!

13番 黄金の山というより、黄金の冠が乗った山は大人気のお寺(2)

f:id:at_yayoi:20190309182044j:plain

ワット・サケート タイ

 

 サワディーカー。

@yayoiです。

 

「13番 黄金の山というより、黄金の冠が乗った山は

 大人気のお寺(1)」の続きです。

 

 

 

 

菩提樹広場、本堂、礼拝堂の参拝を経て、ついに黄金の山へと

向かいます。

f:id:at_yayoi:20190309182013j:plain

 

石に描かれたお寺の名前。

タイ語の部分はこのお寺の正式名称のワット・サケート

ラーチャウォラマハーウィハーンと書かれています。

f:id:at_yayoi:20190309182014j:plain

 

これを前に見て左手側にはKingRamaⅠ時代の経殿の様です。

f:id:at_yayoi:20190309184150j:plain

 

 

山の入り口が、本当に登山口の様!

 

 

 

この山を私が訪れるのは、2009年1月、2011年1月に続き、

今回2019年1月が3回目です。

 

このチケット売り場の横の階段から登山です。

f:id:at_yayoi:20190309182015j:plain

f:id:at_yayoi:20190309182017j:plain

 

階段の手前の右側には見ざる、言わざる、聞かざるのような

サル。344段で黄金の山征服とメッセージが書かれています。

f:id:at_yayoi:20190309182016j:plain

 

まるで本当に登山するような気分ですが、階段の右手側にも

いろいろ祀られていて、楽しい登山です。

f:id:at_yayoi:20190309182018j:plain

f:id:at_yayoi:20190309182022j:plain

 

 

動物たちの姿もあります。

f:id:at_yayoi:20190309182019j:plain

 

小さな仏塔が祀られ、その横には黄金の山の表示が。

f:id:at_yayoi:20190309182020j:plain

 

表示をズームして撮りました。2019年1月撮影。

f:id:at_yayoi:20190309182021j:plain

 

こちらは2009年1月に訪れた時に撮影したもの。

10年間の間にデザインがちょっと変わっています。

f:id:at_yayoi:20190309182023j:plain

 

階段を上りきるとちょっと平坦な部分があります。

鐘を鳴らしながら行くのもいいですね。

f:id:at_yayoi:20190309182024j:plain

 

見上げると黄金の山の頂上はもうすぐです。

f:id:at_yayoi:20190309182025j:plain

 

 

階段の途中から、先ほど参拝した礼拝堂が見えます。

f:id:at_yayoi:20190309182027j:plain

 

 

お寺の歴史はその後、KingRama Ⅲによって再び修復され、

新しく建てられたものの中で大切なものは、12の木のくぼみの

ある台座を土台に方形(ほうぎょう)の仏塔を施した

プーカウトーン(ภูเขาทอง 黄金の山)ですが、未完成でした。

 

その後、KingRama Ⅳの時に、頂上に仏塔を建てるスタイルに

変更され、KingRama Ⅴの時代に、その頂上に仏舎利が

安置されたようです。

 

風鈴の音が聞こえ、頂上のお堂の前に到着です。

f:id:at_yayoi:20190309182028j:plain

 

 

山を登るとまずは仏舎利が安置された風の通る場所!

 

 

 

入口です。

f:id:at_yayoi:20190309182029j:plain

 

たくさんの仏像が祀られています。2019年1月撮影。

f:id:at_yayoi:20190309182030j:plain

 

同じ場所を2009年に撮影したものです。

f:id:at_yayoi:20190309182033j:plain

 

 

ここを上がると仏舎利が祀られた仏塔があります。

f:id:at_yayoi:20190309182032j:plain

 

仏舎利塔の周りには東西南北に仏像が祀られています。

2019年1月撮影。

f:id:at_yayoi:20190309182036j:plain

 

同じ場所、仏舎利塔を2011年に撮影したものです。

f:id:at_yayoi:20190309190017j:plain

 

同じ場所、仏舎利塔を2009年に撮影したものです。

10年前には布が巻かれていたようです。

f:id:at_yayoi:20190309182035j:plain

 

仏舎利塔に手を合わせてでてきて通路を歩くと

風が吹き抜ける涼しい場所があります。風鈴の音がして、

ずっとここにいたいという気分になります。

f:id:at_yayoi:20190309182037j:plain

 

 

そして頂上に向かいます。

タイ語では、天国へ上がる道と書いてあります。

f:id:at_yayoi:20190309182038j:plain

 

急な階段を上ります。

f:id:at_yayoi:20190309182039j:plain

 

天国が見えて来たようです。

f:id:at_yayoi:20190309182040j:plain

 

 

ついに山の頂上へ!

 

 

 

やっとたどり着いた、タイの青空に映える黄金の仏塔。

私がタイで一番好きな仏塔です。

でもその理由は、美しく輝く仏塔で、なおかつこんな美しい

仏塔をタイ人の友人達が見せてくれたから...です。

f:id:at_yayoi:20190309182043j:plain

 

このサイトのカバー写真は2011年にこの仏塔を撮影した

ものです。仏塔とタイ国旗が一度に写真におさまりました。

今回、この記事のアイキャッチ画像にも同じものを使って

います。

 

 

同じような角度で今回2019年に撮影したのがこちら。

f:id:at_yayoi:20190309182042j:plain

 

違う角度で仏塔だけを撮りました。

f:id:at_yayoi:20190309182047j:plain

 

仏塔の上の方です。

f:id:at_yayoi:20190309182045j:plain

 

仏塔の下の方です。

f:id:at_yayoi:20190309182046j:plain

 

実は仏塔があまりに大きく、写真1枚になかなか収まりません

でした。

そして、きれいなのは仏塔だけではありません。

仏塔の横で、バンコクの街並みもきれいに見えます。

f:id:at_yayoi:20190309182049j:plain

 

遠目にローハプラーサート(โลหะปราสาท 鉄の城)が見えた

のでズームして撮りました。

真ん中に見えるお寺の屋根の上に突き抜けたようにみえる

上の部分がローハプラーサートです。

f:id:at_yayoi:20190309182048j:plain

 

ここが降り口です。

小さな仏塔の中に階段が作られています。

f:id:at_yayoi:20190309182050j:plain

 

頂上の仏塔とお堂を後にして、どんどん下山用の階段を下りて

行くと、途中に案内図があります。

f:id:at_yayoi:20190309182051j:plain

 

ここを降りて行くとまた別のお堂があり、ブッダが

祀られています。

f:id:at_yayoi:20190309182053j:plain

 

ズームして撮りました。

f:id:at_yayoi:20190309182054j:plain

 

菩提樹の葉の形をした金色の葉に自分の名前や生年月日を

書いたものが吊るされています。

この左側に階段があってここからさらに山を下りました。

f:id:at_yayoi:20190309182052j:plain

 

黄金の山を下りると、黄金の山を中心に、初めに昇って来た

入り口のちょうど180度裏側にでます。

振り返って全体を撮りました。

f:id:at_yayoi:20190309182055j:plain

 

黄金の山は高いので敷地の外からも目立ちます。

 

f:id:at_yayoi:20190309192009j:plain

 

ズームして撮りました。

小さな仏塔とタイ国旗に囲まれて、きらきら輝く黄金の仏塔。

f:id:at_yayoi:20190309182056j:plain

 

 

<ワット・サケート วัดสระเกศ  

 ワット・プーカウトーン วัดภูเขาทอง>

 

 

f:id:at_yayoi:20190309182012j:plain

 

 

 

正式名称  วัดสระเกศราชวรมหาวิหาร 

      Wat Saket Ratcha Wora Maha Wihan

                         タイ王室寺院第二級に格付けされています。

  

所在地   344 ถนน บริพัตร แขวง บ้านบาตร เขต ป้อมปราบศัตรูพ่าย

       กรุงเทพมหานคร 10100

         344 Boripad Road Khwaeng Ban Bat, Khet Pom Prap

                   Sattru Phai, Bangkok 10100        

アクセス  車 BTS National Studiumから約20分