タイのお寺に魅せられて~アジア百寺巡礼ログ~

タイのお寺が好きな@yayoiです。アジア駐在歴通算16年目。タイで大きく人生が変わりました。タイを起点にアジアのお寺や仏像を研究中!

11番 ソウルの街の真ん中で歴史をみせてくれるお寺

f:id:at_yayoi:20190221175957j:plain

曹渓寺 (조계사  チョゲサ)韓国

 

 

サワディーカー。

@yayoiです。

 

私が、5年間の韓国生活の中でいつも訪れていたお寺は江南区に

あるポンウンサでしたが、たまに日本から友人などが来た時に

仁寺洞に行くと訪れていたお寺がこのチョゲサ。

 

仁寺洞は画廊、伝統工芸品、伝統飲食店やお土産物屋などが

あって観光客にも人気。

ハングル文字のスターバックスもここならでは。

f:id:at_yayoi:20190221180008j:plain

 

しかし道路一本隔てた平行する通り、そこは仏具屋さんや書道の

道具などを扱う店が並び、静かな通りになります。

仏具屋さんです。

f:id:at_yayoi:20190221175953j:plain

 

そして、この通りに響くのはお経の声。

 

 

 

 

 独特なリズムのお経にワクワク!

 

 

 

このお寺の前に行くと、独特なリズムを持つ楽しそうな

お経の声が聞こえます。

そしてなぜだかワクワクする気分になるのです。

そんなに大きなお寺ではありません。

でもいつも人がたくさん集まってきます。

 

こちらがお寺の門。

お釈迦様の誕生日が近づくと韓国のお寺の中は

色あざやかな提灯でいっぱいになります。

f:id:at_yayoi:20190221175954j:plain

 

普段はこんな感じの落ち着いた門です。

f:id:at_yayoi:20190221180009j:plain 

門の方からみると右側が本堂です。

本堂の横にも提灯がきれいに並んでいます。

f:id:at_yayoi:20190221175955j:plain

 

提灯がない時の門の方からみた本堂はこんな感じです。

f:id:at_yayoi:20190221180012j:plain

 

提灯の下に立って本堂を横から撮った写真です。

f:id:at_yayoi:20190221180007j:plain

 

提灯が写らない角度から本堂を撮ってみました。

f:id:at_yayoi:20190221175958j:plain

 

本堂の前の小さなブッダも提灯に囲まれて。

f:id:at_yayoi:20190221175956j:plain

 

 

 曹渓宗の総本山!

 

 

 

曹渓寺の歴史を知りたくてホームページを見ながらまとめて

みました。

曹渓寺は曹渓宗(そうけいしゅう)の総本山となっています。

曹渓宗は現在の韓国仏教の最大宗派であり、中国唐代の禅宗を

朝鮮半島にもたらした道議(トウィ)を宗祖と定めた宗派です。

 

このお寺は、1910年に朝鮮半島の自主化を民族自尊の回復を

念願する僧侶によって覚皇寺(각황사)という名で創建

されました。

その当時の覚皇寺は近代韓国仏教の総本山として最初の布教堂

であり、四大門の中に初めて場所を得たお寺でもありました。

 

1937年現在の曹渓寺のある場所に移転する工事を始めましたが、

北漢山の太古寺(テゴサ)を移したものにすると決定されて、

1954年より今に至っているという複雑な事情があるようです。

 

つまり、覚皇寺の建立をもって曹渓寺の創建とする説もあるが、

曹渓宗は1938年を創建年としていて、創建時の名称は太古寺。

1954年に曹渓寺に改名したようです。

 

 

阿弥陀様を外からも拝見することができました!

 

 

 

本尊は阿弥陀如来です。本堂に入って手をあわせましたが、

お堂内では写真が撮れません。

2018年の3月に訪れた時に、ちょうど本堂の入り口が開いていて

みんなが写真を撮っていました。

f:id:at_yayoi:20190221180000j:plain

 

韓国のお寺の本堂は大雄殿という建物です。

f:id:at_yayoi:20190221175959j:plain

 

なかなかない機会なので私も撮影しました。

f:id:at_yayoi:20190221180001j:plain

 

阿弥陀様をちょっとズームで撮らせていただきました。

f:id:at_yayoi:20190221180003j:plain

 

阿弥陀様の方から外をみると(本堂に背を向けると)

提灯に囲まれた仏塔が見えます。

f:id:at_yayoi:20190221180006j:plain

 

提灯が飾られていないときは青空に仏塔が映えます。

f:id:at_yayoi:20190221180011j:plain

 

その後ろには別のお堂が見えます。

f:id:at_yayoi:20190221180004j:plain

お釈迦様のお誕生日の時に

訪れるのが一番華やかです。

 

 

  < 曹渓寺 (조계사  Jogyesa)

 

 

f:id:at_yayoi:20190221180010j:plain

 

所在地 서울특별시 종로구 견지동 우정국로 55

    55 Ujeongguk-ro, Gyeonji-dong, Jongno-gu, 

     Seoul, 大韓民国       

Tel +82 2-768-8600

アクセス 地下鉄3号線安国(Anguk)駅 6番出口 徒歩5分
     地下鉄1号線鐘閣(Jonggak)駅 2番出口 徒歩6分

 Website http://www.jogyesa.kr/user/jogye/  

 

 

 

この記事は

조계사のホームページの조계사 역사(チョゲサ歴史)

http://www.jogyesa.kr/user/jogye/

曹渓寺Wikipedia

曹渓寺konest

等を読んで、参考にしてまとめて書いてみました。