タイのお寺に魅せられて  ~タイ百寺巡礼ログ+アジアのお寺~

タイのお寺が好きな@yayoiです。アジア駐在歴通算16年目。タイで大きく人生が変わりました。タイを起点にアジアのお寺や仏像を研究中!

〖合掌お散歩マップ2〗お寺のない地区でも合掌スポットは盛りだくさん!

f:id:at_yayoi:20200505122558j:plainf:id:at_yayoi:20200505122553j:plain

プロムポン~ラーチャプラソン交差点手前地区

9か所巡り バンコク

   

サワディーカ。

@yayoiです。

 

できる限り、バンコクの公共の交通手段、

BTSやMRTを使って

タイの縁起のよい数字、“9”にちなんで

9か所を合掌しながら、散歩してみましょう。

 

 

 

 

前回はBTSスカイトレインのエカマイ、プラカノン

地区を中心としたお散歩マップを

作ってみました。

www.yayoi-thainootera.net

 

今回は、私が9つの地域に分けたバンコクの

中のルンピニー公園の北側の部分。

スクンビット通りの上を走るBTSスカイトレインに

沿ってわけたBTSの中心地区の一つですが、

ちょっと広域で、

BTSスカイトレインのアソーク駅から

スクムウィット通りを

サヤーム方面に向かって行くと

途中にあるラーチャプラソン交差点の

手前側までです。

下の地図ではN2の辺りです。

f:id:at_yayoi:20190917142734j:plain

 

ラーチャプラソン交差点とは

スクムウィット通りとラーチャダムリ通りが

交差する、角に有名なエラワン祠がある

交差点です。

ここにいる神々については以前書いた

記事があります。

thai-yayoi-buddhism.hateblo.jp

thai-yayoi-buddhism.hateblo.jp

 

 

今回の地区ではスクムウィット通り沿いには

お寺はありません。

代わりに(?)神社、祠が多いです。

お寺以外に、手を合わせ、祈る場所を

人々はきちんと作っているのでしょうか。

 

おススメお散歩ルートを作ってみました。

f:id:at_yayoi:20200505125112j:plain

 

☞ お寺ではなくても、神聖な場所です。

  服装や、静かにするなどのマナーを守って

  合掌しましょう!

   

お散歩のコースはBTSスカイトレインの

チットロム駅周辺の

ヒンドゥー教の神々に手を合わせた後、

ティーブレイク。

その後、BTSスカイトレインの

アソーク駅まで電車で移動します。

 

アソーク駅近くのヒンドゥー教の神々に

合掌したら、アソーク駅から地下鉄で

ルンピニー駅まで移動してまた合掌という

ちょっと広域お散歩コースです。

 

散歩ルートの順番を地図上に

示しました。 

f:id:at_yayoi:20200505124736j:plain

 

 

お散歩の出発は、

BTSスカイトレインのチットロム駅。

サヤーム駅に近い方の改札を出て

直進すると、すぐ左手にアマリンプラザに

直結する通路があり、下に祠が見えます。

失礼して、上から撮影しました。

f:id:at_yayoi:20200505122201j:plain

 

その通路に入ってすぐ左に

もと来た方向に平行するような形で

道路へと降りて行きます。

 

インドラ神 アマリンプラザ前

 

#1 美しい緑色のインドラ神に合掌

 アマリンタラ―ティラートとも呼ばれる

インドラ神はヒンドゥー教の神様です。

f:id:at_yayoi:20200505122054j:plain

 

f:id:at_yayoi:20200505122024j:plain

合掌したら、一旦階段を上がって、駅からの

通路にもどり、通りの反対側に降ります。

 

ヴィシュヌ神とガルーダ インターコンチネンタルホテル前

#2 足長のガルーダにまたがる

    ヴィシュヌ神に合掌

f:id:at_yayoi:20200505121901j:plain

f:id:at_yayoi:20200505122515j:plain

 

 

ラーチャプラソン通りを来た方向からみて

進行方向右に曲がります。

そのまま一旦ゲーソンプラザを通過して

BigCの前に行くとパールヴァティーの祠が

あります。

 

パールヴァティー BigC前

 #3  シヴァ神の美しい妻ウマテーウィー

   に合掌

f:id:at_yayoi:20200505122038j:plain

 

ウマテーウィーとはパールヴァティーの

ことです。

丸いドームの様な祠がかわいい。

f:id:at_yayoi:20200505122528j:plain

f:id:at_yayoi:20200505122539j:plain

  

再びラーチャプラソン交差点に戻ると

角がゲーソンプラザです。

 

ラクシュミー ゲーソンプラザ

#4 上からラーチャプラソン交差点を

    見守るようなラクシュミーに合掌

f:id:at_yayoi:20200505122120j:plain

f:id:at_yayoi:20200505122109j:plain

 

 

四天王 ゲーソンプラザ

#5 ラクシュミーの横に静かにたたずむ

          四天王に合掌

f:id:at_yayoi:20200505122133j:plain

f:id:at_yayoi:20200505122146j:plain

 

次はゲーソンプラザから

ラーチャプラソン交差点を

はさんで反対側に

エラワンの祠があります。

 

ブラフマー神 エラワン祠

#6 交差点の中心となる、人々が集まる

          ブラフマー神に合掌

f:id:at_yayoi:20200505121759j:plain

f:id:at_yayoi:20200505121844j:plain

f:id:at_yayoi:20200505121814j:plain

f:id:at_yayoi:20200505121830j:plain

  

さて、ここからアソークの方に移動する前に

ティーブレイクです。

お散歩にはティーブレイクがつきものですね。

エラワンの祠から上を見上げるとある

ティールーム。

f:id:at_yayoi:20200505130627j:plain

 

エラワンティールームです。

2005年当時からほとんど変わらない雰囲気が

好きでたまに一人で行きます。

f:id:at_yayoi:20200505121721j:plain

f:id:at_yayoi:20200505121708j:plain

 

f:id:at_yayoi:20200505122549j:plain

 

このティーポットが好きで行くたびに

売らないか尋ねますが…売らないみたいです。

キャベツ柄の緑のお皿はこちらで

10年以上前に購入したものを今でも

家で愛用しています。

f:id:at_yayoi:20200505121629j:plain

 

ブラインドの間からエラワンの祠が見えます。

f:id:at_yayoi:20200505121642j:plain

f:id:at_yayoi:20200505121653j:plain

 

さて、ちょっと一息したら、

BTSスカイトレインで、チットロム→

プルンジット→ナナ→アソークと乗って

三駅先のアソーク駅に行きます。

もちろん、スクンビット通りを歩いても!

 

アソーク駅を降りたら、進行方向と

逆のナナ方向に向かって

スクンビット通りの奇数側を歩きます。

Soi15 路地の入り口に

S15 Sukhumvit Hotelがあります。

f:id:at_yayoi:20200505122356j:plain

 

ガネーシャ Soi15付近

#7 ホテルの脇にひっそりといらっしゃる

     ガネーシャに合掌。

f:id:at_yayoi:20200505122410j:plain

 

ホテルを正面に、向って右側の壁に

いらっしゃるガネーシャ。

f:id:at_yayoi:20200505122424j:plain

f:id:at_yayoi:20200505122449j:plain

  

奥にはサーン・プラプームも祀ってあります。

f:id:at_yayoi:20200505122436j:plain

 

正面から写真を撮りたいときは

ホテルの噴水に注意が必要です。

f:id:at_yayoi:20200505121521j:plain

f:id:at_yayoi:20200505122502j:plain

 

 

ここからもと来た駅の方に戻り、

アソーク通りの大きな交差点を渡ります。

信号がありますが、バイクなどには

注意しましょう。

プロムポンの方にちょっと歩くと

左手側のSoi23路地を超えたところに

Jasmine City Hotelがあります。

f:id:at_yayoi:20200505122312j:plain

 

シヴァ神  Soi23付近

#8 ピンクに囲まれたシヴァ神に合掌。

f:id:at_yayoi:20200505122235j:plain

 

こちらにはピンクのハスの上に乗り、

ピンクの衣をまとったシヴァ神が

いらっしゃいます。

f:id:at_yayoi:20200505122300j:plain

f:id:at_yayoi:20200505122247j:plain

  

後ろから見ると女神のようです。

f:id:at_yayoi:20200505122217j:plain

 

最後の一つは番外編の

チュンポン王子神社です。

なぜ番外編かというとスクムウィット通りを

外れるからです。ラマ4世通りの方にあります。

アソーク駅から地下鉄に乗って

ルンピニー駅で降ります。

 

チュンポン王子神社

 

#9 “タイ海軍の父”といわれた

   チュンポン王子に合掌

 

神社はルンピニー駅のすぐ上に建っています。

緑に囲まれた赤い屋根の美しい神社です。

f:id:at_yayoi:20200505122337j:plain

f:id:at_yayoi:20200505122325j:plain

  

チュンポン王子に関しては

こちらの記事をご覧ください。

thai-yayoi-buddhism.hateblo.jp

 

さて、せっかくここまで来たので

おまけにもう1か所。

ラマ4世通りにある

ガネーシャにも合掌しましょう。

といっても、ここは神社や祠では

ありません。

Soi NgamDuPhli(ซอยงามดูพลี)という

路地の入り口にある、

とある会社の中にあります。

f:id:at_yayoi:20200505121915j:plain

 

ラマ4世通りを車で通りながら、ガネーシャが

見えた気がしたので、後日、電車で行って歩いて

探したら…やっぱりいらっしゃいました。

f:id:at_yayoi:20200505121944j:plain

 

外から手を合わせたり、お供え物をすることが

許されているようで、私が行ったときも

お祈りに人がちょこちょこ来ました。

f:id:at_yayoi:20200505121931j:plain

 

もちろん一緒に唱える言葉も

書いてあります。

f:id:at_yayoi:20200505122011j:plain

 

私は朝早く行ったので、太陽の光の加減もあり、

ウィンドウに電線や周りが写りこんで

しまいましたが…

緑の衣をまとった美しいガネーシャです。

f:id:at_yayoi:20200505121958j:plain

 

以上で今回のお散歩は終わりです。

お読みいただきありがとうございました。

@yayoi