タイのお寺に魅せられて  ~タイ百寺巡礼ログ~

タイのお寺が好きな@yayoiです。アジア駐在歴通算17年。タイで大きく人生が変わりました。タイを起点にアジアのお寺や仏像を研究中!

〖合掌お散歩マップ5〗オフィス街の中にある合掌スポットを訪ねて

ルンピニー公園南側9か所巡り バンコク

 

サワディーカー。

@yayoiです。

 

できる限り、バンコクの公共の交通手段、

BTSやMRTを使い、

タイの縁起のよい数字、“9”にちなんで

9か所に合掌しながら、お散歩しましょう。

 

 

 

 

この合掌お散歩マップでは、

過去に、BTSスカイトレインの

エカマイ地区、アソーク地区や

王宮の南側、西側の合掌スポットを

お散歩してきました。

 

今回は、ルンピニー公園の南側地区にある

オフィス街辺りにお邪魔しようと

思います。

下の地図ではSの辺りです。

 

おススメお散歩ルートを作ってみました。

 

☞ お寺ではなくても、神聖な場所です。

  服装や静かにするなどのマナーを

  守って合掌しましょう!

 

今回のお散歩コースは、MRTシーロム駅

(またはBTSサーラーデーン駅)の前にある

Dusit Hotelの跡地から出発。

 

チャオプラヤー川付近の合掌スポットを

歩きながら休憩をはさんで、

BTSチョンノンシー駅付近の

合掌スポットをたずねるコースです。

(お散歩なので歩くと書いていますが、

 どうぞBTSやトゥクトゥクなど

 利用しながら移動してくださいませ。)

 

お散歩の順番を地図上に示しました。

 

お散歩の出発は、MRTシーロム駅からも

見えるDusit Hotelの跡地から。

 

 

サーン・プラプーム Dusit Hotel跡

 

Dusit Hotel跡と書いていますが、

歴史あるDusit Hotelは、現在再開発で

工事中となっています。

サーン・プラプームに合掌するには、

シーロム通りの入り口から

入って合掌することができます。

 

#1 プラ・チャイモンコンに合掌

 

白い祠に祀られているのは

プラ・チャイモンコン。

 

その隣に祀られているサーン・プラプームに

それぞれ合掌します。

 

ここからは一旦、BTSサーラーデーン駅から

BTSでサパーンタークシン駅まで移動し、

駅から徒歩2~3分の

ところにあるワット・ヤーンナワーを

目指します。

 

 

KingRamaⅢの像 ワット・ヤーンナワー

 

 

#2 船の形のお堂の前に立つ

   KingRamaⅢに合掌

 

ワット・ヤーンナワーのシンボルの

船の形をしたお堂。

タイから失われつつあるジャンク船を

後世に伝えるためにKingRamaⅢが

建てました。

 

船の前に立つKingRamaⅢです。

 

以前、私が書いた、

このお寺の歴史など詳しい記事です。

www.yayoi-thainootera.net

 

お寺を出た後は、

お寺の前のジャルーンクルン通りを

サパーンタクシン駅とは逆の方向へ、

チャオプラヤー川を右手に見ながら

進みます。

ジャルーンクルン通りです。

 

川沿いにある

ワット・ウォラジャンヤワートを

目指します。

 

 

トラニー像 ワット・ウォラジャンヤワー

 

ジャルーンクルン通りにある

お寺の門をくぐります。

 

ここを入ると、左右はマッサージ屋さんが

並びます。

 

突き当りがお寺の入り口です。

 

寺院内に入ったら、奥の方にある

川の船着き場の方に向かいます。

 

#3 銀色のトラニーの像に合掌

 

船着場の前には寝釈迦仏が

いらっしゃいます。

 

その横には

大地の女神であるトラニーの像。

 

以前書いたこのお寺に関する記事を、

最近になってリライトしました。

www.yayoi-thainootera.net

 

トラニーに合掌した後は、再び

ジャルーンクルン通りにでて、

少しサパーンタークシン駅の方に戻り、

右手にあるジャン通りを進み、

次の合掌スポットに向かいます。

 

 

ガネーシャ ワット・ルンルアンジャルーンサッター

 

お寺の門です。

ここを入って右手側に進みます。

 

#4 仏殿内のガネーシャに合掌

 

仏殿には左右に入り口があります。

右手側の入り口です。

この入り口には、向かって左側に

ラーフーが、向かって右手には

毘沙門天がいらっしゃいます。

 

中に入ると正面にブッダが祀られています。

 

その左手の小部屋を入ると

ガネーシャが祀られています。

ガネーシャに合掌します。

 

このお寺は、緑色と金色のコントラストが

美しい建物がいろいろあります。

このお寺について、私が書いた記事です。

www.yayoi-thainootera.net

 

ガネーシャを参拝した後は、

チョンノンシー駅の方で合掌しますが、

お散歩にはカフェブレイクが

つきものですね。

 

この地域でたまに行くカフェがあります。

ワット・ルンルアンジャルーンサッターから

歩くと結構かかるのでトゥクトゥクなどを

利用しましょう。

 

 

ちょっとブレイク!Souffle & me

 

 

このカフェは、SNSで見かけて友人の

運転で連れて行ってもらったのですが、

行ってみたら、カフェの駐車場として

利用されていたのはお寺の駐車場。

100mの下にワット・ポーメーンに駐車と

書かれています。

 

そのお寺もやはりSNSで見かけて

行ってみたかったお寺だったという、

私にとってはお寺に縁のあるカフェ

でした。

駐車場の前にあるお寺の門です。

 

こちらでは、

暖かいスフレでちょっと休憩します。

 

その他にもパスタやケーキ、

美味しいものたくさんのこのカフェについて、

以前、私がnoteブログの方に書いた

記事です。

note.com

 

ブレイク後の後半5か所の

合掌ですが、ほとんどが

チョンノンシースカイウォークの付近に

集まっています。

 

ちょっと一息したら、チョンノンシー

スカイウォークの下にある交差点に

向かいます。

 

ここも移動にはトゥクトゥクなどか

BRTというサトーンとラーチャプルックを

結ぶトラムなどの利用をおすすめします。

BRTです。

 

さて、後半は、まずこの交差点の横に

いらっしゃるトラニーとトリムルディの像に

合掌します。

 

トラニー&トリムルディ チョンノンシースカイウォーク下

 

#5 金色のトラニーの像に合掌

 

車でこの交差点を通る時にも

目をひく大地の女神トラニーの像。

 

こちらは金色です。

 

これで今日は金銀のトラニーの像に

合掌することができました。

 

#6 すぐ横のトリムルディの像に合掌

 

そしてトラニーの像を正面に

右手にちょっと進むとそこには

ヒンドゥー教の3つの神を1つに

あわせたトリムルディの像があります。

 

3つの神のそれぞれの武器、

シヴァの三又の鉾、

ブラフマー神のヴェーダ、

ヴィシュヌ神のほら貝を持っています。

 

合掌後は、ここから上のスカイウォークを通って

BTSチョンノンシー駅の横にある

マハナコンビルに行きます。

 

真上をBTSが通っています。

ここから横の通路である

スカイウォークに合流します。

 

レゴの様なユニークな形の

マハナコンビルが次の合掌ポイント。

この高いビルに上がって行ったことは

ありませんが、

合掌ポイント盛りだくさんの

下へはよく行きます。

 

 

ブラフマー神の祠 マハナコンビル

 

#7 マハナコンビル前のブラフマー神の祠

   サーン・プラプームやエラワン像に合掌

 

ここには、1か所で3つの合掌ポイントが

あります。

目的は中央にあるブラフマー神の祠ですが、

手前にあるエラワンの像と奥にある

サーン・プラプームもあわせて合掌しましょう。

 

まずは、チョンノンシー駅の近くにある

エラワンの像に合掌します。

 

次は、中央のハスの池の中にある

ブラフマー神の祠に合掌します。

 

そして奥の方にある木の下に

サーン・プラプームがあるので

こちらで最後に合掌します。

 

マハナコンビルからトラニーの像や

トリムルディの像に合掌した

交差点まで戻り、右手に曲がると

W hotelがあります。

 

ちなみに、BTSチョンノンシー駅から

マハナコンビルに連結する入り口では

こんなにかわいいガネーシャがお出迎え

してくれます。

 

 

サーン・プラプーム W hotel

 

 

#8 サーン・プラプームに合掌

 

W hotel内にあるレストランの

The House On Sathornです。

通りから奥まったところに建っていて、

後ろ側にはマハナコンビルが、

駅とは違う角度で見えます。

 

この建物とすぐ隣に建っている

サトーンスクエアーオフィスビルとの間に

サーン・プラプームが建っています。

 

ここでの合掌を終えた後は、

最後の合掌ポイントである

ワット・プラシーマハーウマーテウィー

通称ワット・ケークに向かいます。

 

 

ワット・プラシーマハーウマーテウィー

 

 

#9 ヒンドゥー教の神様を探しながら合掌

 

通りの向こうから見て

なんだろうと思わせる建物は、

お寺の門です。

通りを渡って来ました。

 

このお寺は、ヒンドゥー教の

シヴァ神の妃であるウマーテウィー

(パールヴァティー)を

祀ったお寺です。

パールヴァティーは、タイでは

ウマーテウィーと呼ばれています。

 

寺院内は撮影禁止で、祀られている

パールヴァティーはインドから招来した

ものだそうで、ちょっと

秘仏のように扱われています。

 

代わりに下の写真は、

ラーチャダムリ通りの

BigC前にあるウマーテウィーの祠です。

 

ここに祀られている

ハスの花を持った美しく優しい女神が

ウマーテウィーことヒンドゥー教の

パールヴァティーです。

 

寺院内撮影禁止の内部の様子を、

記憶をたどりながら

図にしてみました。

 

下の図にも記していますが、

内部にはブッダもいっしょに

祀られています。

 

このお寺は、

インド系タイ人が神を祀るところとして

このシーロム付近に土地を得て、

1879年ころに建てられました。

 

元の名は、

サーラー・シーマリーアムマンですが、

一般的には、

ワット・プラシーマハーウマーテウィー

またはワット・ケークシーロム

(วัดแขกสีลม)と呼ばれています。

タイ語のケーク(แขก)には、お客さんという

意味があります。

 

外から出入りする門は二か所。

この門は写真を撮っても

大丈夫そうです。

そこで、ちょっとヒンドゥー教の

神様探しをしてみます。

 

まずは、パン通り側の門です。

上の図では②です。

 

この門の中に見える

ヒンドゥー教の神様を探してみます。

 

上の方にガネーシャ。

 

下の方には、シヴァ神とドゥルガー?

ドゥルガーとはパールヴァティーの化身です。

 

下の方には、ドゥルガー?

 

さらにその下にも。

 

一方、シーロム通り側の門です。

地図では①です。

 

この門の開いているところから

ちょっと中をのぞいてみてください。

上の方に見えるのがカーリー神です。

門の外から撮りました。

カーリーもシヴァ神の妃の一人です。

 

また下の方には、ブラフマー神がいます。

 

こちらにいるのもドゥルガー?

 

この門の横に、もう1つ柵のついた門。

外からちょっと垣間見える中の様子には、

ブラフマー神の祠があります。

地図では③です。

 

その門の上にはブラフマー神がいます。

 

今度は、シーロム通りを渡ったところから

寺院全体を眺めてみます。

塀の上に、建物の上の出っ張っている部分が

見えるところがあります。

 

トリミングしてみました。

 

下は、お寺の下から

この部分を撮った写真です。

 

ここでも神様探しをしてみると、

クジャクが横にいるのは、

シヴァ神の息子のスカンダ

でしょうか?

クジャクはスカンダの乗り物です。

 

ここでも比較的わかりやすいのは

ブラフマー神。

 

ヒンドゥー教の神々の持ち物や乗り物を

たよりに神様探しをしてみました。

 

これで今回の合掌しながらのお散歩は

終わりですが、このお寺の近くには

人気のパン屋さんがあります。

 

先ほどの図にものせましたが、

お寺の数件さきにある

アーマーベーカリーです。

 

タイ人の友人がこのお寺に来たら

必ず買って帰るというパン屋さん。

1番人気はカヤクリーム(สังขยา)。

表の1番上に書いてありますが、

2019年当時は10バーツでした。

 

ふわふわと軽いので数個があっという間に

なくなります。

 

このブログの合掌お散歩コースは、

お寺内で見つけた仏像以外の

ヒンドゥー教の神々や、

通りや施設内で見つけた祠、タイ国王像、

サーン・プラプームなどに焦点をあてて、

お散歩コースに組み込んでいます。

 

ワット・プラシーウマーテウィーは、

お寺ですが、仏教寺院ではないので、

巡礼ログには書きませんが、

タイ人にとっては、仏教寺院と

同じくらい足を運ぶお寺。

そこで今回最後に組み込んでみました。

 

 

<ワット・プラシーマハーウマーテウィー>

 

正式名称  วัดพระศรีมหาอุมาเทวั

              Sri Mahamariamman Temple

 

所在地         2 ถนนปั้น แขวง สีลม

                       เขตบางรัก กรุงเทพมหานคร 10500

                       2 Pan Rd, Khwaeng Silom,

                       Bang Rak, Bangkok 10500

 

お読みいただきありがとうございました。

@yayoi