タイのお寺に魅せられて  ~タイ百寺巡ログ~

タイのお寺が好きな@yayoiです。アジア駐在歴通算17年。タイで大きく人生が変わりました。タイを起点にアジアのお寺や仏像を研究中!

46番 ラーマⅧ橋を降りると目を惹く布薩堂のあるお寺(後編)

f:id:at_yayoi:20220406141628j:plain

ワット・アモンキーリー トンブリー

 

サワディーカー。

@yayoiです。

 

このお寺は別のあるお寺に行く途中に

通り過ぎたときに見て、

お堂に目を惹かれ、ぜひ参拝したいと

後日、伺ったものです。

 

今回のカバー写真が、通り過ぎた時に

見かけた感じに近いでしょうか。

 

前編では、お坊さんのお話からこのお寺の

歴史の一部を伺ったこと、タークシン王の像と

布薩堂を参拝したことなどを書きました。

www.yayoi-thainootera.net

 

後編では、お坊さんのお話に沿って、

私が探したもの、辿って行ったところについて

書きたいと思います。

 

 

 

 

結界を探す!

 

お坊さんからこのお寺に関する

お話を聞くことができたのは、実は私が

布薩堂の周りに結界が見えないので、

布薩堂が別にあるのかをたずねたのが

きっかけでした。

 

布薩堂の周りに結界がないのは、

洪水でお堂を立て替えて、まだ結界を

置くための儀式をしていないとの

ことでした。

 

ところがタイのお寺は、

外に結界が見えなくても結界になるものが

どこかにあることが多いのです。

 

それでまずは布薩堂の下を参拝しつつ

探してみることにしました。

 

布薩堂の下、1階部分の入り口です。

f:id:at_yayoi:20220406141645j:plain

 

入ってすぐに撮った1階の様子です。

f:id:at_yayoi:20220406141651j:plain

 

天井には聖糸が張り巡らされていて、

仏像が何か所かに祀られています。

f:id:at_yayoi:20220406141903j:plain

f:id:at_yayoi:20220406141857j:plain

 

そして、この階の床に結界がありました。

f:id:at_yayoi:20220406141909j:plain

f:id:at_yayoi:20220406141657j:plain

 

全部で9か所にこのような結界がありました。

多分、こちらがお堂の中央の結界だと

思います。

f:id:at_yayoi:20220406141703j:plain

 

結界を見つけ、この建物からでます。

f:id:at_yayoi:20220406141914j:plain

 

建物を出ると、左手側に

サーラーがあります。

下の写真では右側の薄暗い部分です。

(お坊さん方がその前に座っていらしたので

 正面からの全体の写真は遠慮しました)

f:id:at_yayoi:20220406141851j:plain

 

この中には曜日の仏像など祀られています。

f:id:at_yayoi:20220406141720j:plain

f:id:at_yayoi:20220406141733j:plain

 

その横にありました。

結界を建てる時に埋める球です。

f:id:at_yayoi:20220406141709j:plain

f:id:at_yayoi:20220406141714j:plain

布薩堂周りにこれを埋めて、その上に

結界を建てる儀式を行うそうです。

 

 

大講堂と僧房を外から眺める

 

布薩堂の正面からは、

学校の建物の横の部分が見えます。

布薩堂の前から撮りました。

f:id:at_yayoi:20220406141635j:plain

 

布薩堂を背にまっすぐ行くと学校に

つきあたります。ここで敷地は、

左手に曲がっていきます。

f:id:at_yayoi:20220406141727j:plain

f:id:at_yayoi:20220406141739j:plain

 

この建物を正面から撮りました。

f:id:at_yayoi:20220406141846j:plain

 

左に曲がって、

正面に見えるのは大講堂です。

f:id:at_yayoi:20220406141745j:plain

 

曲がった辺りから足元は、コンクリートから

レンガ張りになりました。

 

他のお寺でも寺院内やお寺周辺に

このハスの模様をかたどったものだと

思うのですが、この様なレンガが

使われているのを

みかけたことがある気がします。

f:id:at_yayoi:20220406141802j:plain

 

大講堂の横は僧房です。

f:id:at_yayoi:20220406141750j:plain

f:id:at_yayoi:20220406141757j:plain

 

大講堂と僧房の正面にある建物です。

f:id:at_yayoi:20220406141920j:plain

 

大講堂と僧房の間に鐘楼があります。

f:id:at_yayoi:20220406141839j:plain

 

そして僧房を正面に左手側には門があります。

f:id:at_yayoi:20220406141809j:plain

 

門から一旦、外に出て撮った門の様子です。

間から遠くに学校が見えます。

f:id:at_yayoi:20220406141814j:plain

f:id:at_yayoi:20220406141833j:plain

 

さて、ここでこのお寺の参拝は終わりです。

この後は当初の予定では、もう一か所

チャオプラヤー川の近くにある

お寺を参拝する予定でしたが…

 

お坊さんのお話にあった、

別れたもう2つのお寺の

行方が気になりました。

 

お寺の名前も伺っていたのでその2つの

お寺を先に参拝することにしました。

 

 

別れた2つのお寺とは…?

 

お坊さんのお話にあった、

別れた2つのお寺とは

ワット・バーンイーカンと

ワット・ノイナーンホンです。

(GoogleMapでは、Wat Noi Nang Hong)

 

地図でみても3つのお寺は

ワット・アモンキーリーを

はさんでとても近い距離にあることが

わかります。

f:id:at_yayoi:20220406144502p:plain

 

僧房の近くの門を出て、右手に進みます。

f:id:at_yayoi:20220406141821j:plain

 

進むとすぐにお寺の様な建物が見えてきます。

f:id:at_yayoi:20220406141926j:plain

 

進んでいくと、ワット・バーンイーカンの

布薩堂に突き当ります。

布薩堂は閉まっていたので、扉横の仏像を

参拝しました。

f:id:at_yayoi:20220406141941j:plain

f:id:at_yayoi:20220406141932j:plain

 

そして、もう一つのお寺は、

アルンアマリン通りをはさんで

ちょうど、ワット・アモンキーリーの前に

あります。

上に道路が通っているのですが、

渡ったところから撮った

ワット・アモンキーリーです。

f:id:at_yayoi:20220406142019j:plain

 

進むと左手側にお寺が見えてきました。

f:id:at_yayoi:20220406141953j:plain

 

ワット・ノイナーンホンです。

小さな橋で運河を渡ります。

f:id:at_yayoi:20220406141959j:plain

 

こちらも布薩堂は閉まっていたので、扉横の

仏像に参拝しました。

f:id:at_yayoi:20220406142008j:plain

 

この後は予定通り、

チャオプラヤー川の近くにあるお寺も

参拝しましたが、たくさん歩いたので

ちょっとコーヒーブレイクをしました。

f:id:at_yayoi:20220406142033j:plain

 

ラーマⅧ橋の下です。

橋に上っていく道路がカフェの前を

はしっています。

f:id:at_yayoi:20220406142027j:plain

f:id:at_yayoi:20220406142056j:plain

f:id:at_yayoi:20220406142050j:plain

 

ちょっと休憩して出てきたら、

カフェの前の歩道のレンガが目に入りました。

お寺のものとは模様が違うけれど、

似たような花の模様に

この辺りがお寺だったという

お坊さんの話を思い出しました。

f:id:at_yayoi:20220406142038j:plain

f:id:at_yayoi:20220406142044j:plain

 

お寺に自分の敷地を譲ったり、

道路や橋にお寺の敷地を譲ったり…

そこにタイらしさを感じて、

なんだか心が温まるのでした。

 

 

<ワット・アモンキーリー>

f:id:at_yayoi:20220406141828j:plain

 

正式名称  วัดอมรคีรี

       ワット・アモンキーリー

 

所在地  1065 ถนน พระราม 8 แขวง บางยี่ขัน

                   เขตบางพลัด กรุงเทพมหานคร 10700

                  1065 Rama VIII Rd,

                  Bang Yi Khan, Bang Phlat,

                  Bangkok 10700 

 

 

今回の記事はお寺でお会いした

お坊さんのお話と、年号はwikipedia

などを参考にして書きました。

 

お読みいただきありがとうございました。

@yayoi